タグ別アーカイブ: 輸入ビジネス

ハンディーターミナルとか中国輸入の路線とか

ハンディーターミナルっぽいもの買ってしまった。なんともかっこいい!
よく知らないけど、「ハンディターミナルとは、片手で持てる手軽なサイズのバーコード情報を読み取ることに特化した端末です。」となっているので、たぶんあっているだろう。
この分野中国強いんじゃないか?
日本のハンディーターミナルは20万くらいして、それぞれの言語でシステム開発が必須だけど、中国ではAndroidベースで、3~5万くらい。システムはアプリとしてろいろダウンロードできる。もちろん開発も可能。
宅配会社の人達はもれなく持っていて、事業者に応じたアプリもダウンロードできるようだ。
これは、中国ではメール文化を飛び越えてメッセンジャーだったり、PCを飛ばしてスマホアプリだったり(ここは若い人達は日本でも同じかな)、独自OSとかを飛ばしてAndroid OSだったりから来る発展ではないだろうか。

タオバオで購入。素晴らしい配送スピード。深センのいいところだ。

Android 5.1ベース。4インチ液晶。クアッドコア。もちろんSIMフリー。
QQ音楽入れてみたけど(おぃw)、バーコードリーダー+テンキー付いたゴツい(耐久性重視)スマホだな。
イヤホンジャックは無いけど、Bluetoothスピーカーは行けるだろうw。
届く前は、スマホとして使用してもいいかもと思ったけど、ゴツすぎてだめだ。細めのパンツではポケットに入らない。
日本のアルバイト用システムでテストしてみたけど、何も問題なし。
OSをまたいでハードをリプレイスしても何も問題が無いというところは、WEBシステムの強みだ。

スキャナー部分。ストラップもあって持ちやすい。

中国輸入の路線

今年は少し拡張路線を取りたいと思っている。
どこまでできるかわからないし、途中で方向性が変わるかもしれないけど、方針。

・10万SKUを目指す。
・日本在庫は最小限に減らし、在庫切れも無視する。
・更に小さく軽い商品に絞りこむ。
・効率化とシステム化を追求して可能な限り全自動を目指す。
・いろんな人と協力し、販売者やプラットフォームを増やす。
・家賃の安いところに配送センターを作る。(ここはだいぶ先だな)

10万SKUに関しては、大連倉庫は数倍は大きくしないと対応できないだろう。
ただ、ビル内の部屋を少しづつ借りませばいいので負担は小さい。
日本側は最小限に抑えたい。

在庫切れ無視に関しては、具体的には1週間分の在庫は日本に置くけど、その結果在庫切れになっても気にしないという路線。
理想像としては、1週間分の荷物が届いて1周間で無くなってしまい、そのタイミングで次の在庫が補充されるようなイメージ。理想通りにはならないけど。
たしかに利益損失というのは明白だけど、その利益を取るためには在庫を日本に置かなくてはならず、倉庫スペースと在庫管理にコストがかかってしまう。しかもそれらは固定費。
計算してはいないけど、今のラインナップでは「日本に余剰在庫を置くコスト>利益損失」になる可能性あるのではないかと思う。
在庫切れと言っても、約1週間で補充されるし、発送頻度を上げればさらに短くなる。
利益損失が無視できるレベルの取り扱い数まで持っていければ、きっと在庫コストの方が高くなるのではないかな。
(1,000商品在庫切れだけど、商品数が5,000点増えてるからいいでしょ的なパワープレー。)
在庫が切れた瞬間、すべてのプラットフォームで自動停止の実装が必須。

販売者と協力については、同じプラットフォームで複数出品ということになると思うので、写真をいろんなバージョン取りたい。
前回2バージョンは対応したけど、10バージョンあたりにして、撮影スタジオを10個並べていっきにやりたい。ただ、撮影のバリエーションが思い浮かばない。

ネットトラブル

大連事務所で使っているシスコのルーターが時々リセットされる。(時々と言うか過去2回目)
フルリセットではなく、WANの接続設定だけ戻ってる。
PPPoEのIDPWなんかは、消えてない。
以下メモ。

インターネットに繋がらない場合

192.168.100.1
にアクセス
SETUP→WAN→PPPoE
になっているか確認。

バーコードで入庫処理

相変わらずのバーコードネタ。
ほんと便利だったので、恥ずかしながら動画まで作ってみた。
PCには動画編集ソフトが入ってなかったけど、youtube上でぼかしとかできてすごいぞ。
顔出しできる人達は楽しいだろうなぁ。

箱にもバーコードが貼ってあって、箱のバーコードを読み取り、商品のバーコードを読み取ると、在庫として反映される仕様。(これが当たり前なのかな?)
クルクル回っている時にサーバーと通信して、入庫数と箱番号情報等をDBに保存している。
今のところエラーは出ていないけど、万が一を考えるとハンディーターミナルのように液晶表示が欲しい。(そもそもどんなエラーが起こり得るのか不明。)
音楽聞きながら入庫作業とかすると、「ピッ」がよく聞こえない時があったので、ボリュームをMAXにした。
動画にある箱番号の隣の数字は、カウントアップとかさせるべきだな。
画面は主にアルバイトが使う用なので、手抜きで恥ずかしい。。JQ mobileデフォルトだし。。
中国側のバーコード貼り間違えが怖い。
そっちはそっちでダブルチェックになるような方法を考えるとして、ハンディーターミナルなら、入庫時に軽くバーコード貼り間違えチェックができるだろうな。

ソースコード抜粋

var words = '';
$(document).keypress(function(e) {
	if (e.charCode == 13) {
		// 改行なので処理実行
		// 10桁はFBAラベル
		if( words.length == 10)){
			// 何か処理
			words = '';
			return false;
		}
	}else{
		var key = String.fromCharCode(e.charCode);
		words = words + key;
	}
});

すべての文字をwordsに溜めていって、改行が来たらAjaxとかで処理開始なイメージ。
なんとまあ、お手軽簡単。

ピッキング

用語が正しいか知らんけど、商品の取り出しのこと。
どこかでみた記事にAMAZONの梱包、出荷コストは27円だかってのがあった。
信憑性とかはどうせ調べられないし、どこまで含めるかで違うので、どうでもいいこととして、よく考えるとこれはすごい。
パッケージまで含んでいると書いてあった気がするので、普通ならダンボール代で終わってしまう。
段ボール抜きとしても1日にアルバイトさんが400出荷する勢いだ。一応目標値とする。
今現状の梱包は早いと思うけど、ピッキングで3日に1個くらい所定の場所に無いものがあって、その場合過去の保管場所を順次すべて探すことになるので、とても疲れる。精神的にも。
今回、在庫0になった場合に夜間バッチで過去の保管情報をリセットすることにした。
もともと日本には最小限しか置かないコンセプトなので、相当数の在庫切れはある。良くないけど。
毎日バッチで処理するとして初回がなんと千点以上あった。
しかも、この処理を考えている間に、特定条件で発生する保管場所に関するバグも発見。これは、いままで無駄なことをした。
というか見つかってよかった。
梱包よりピッキングの方が早いので、これまで以上にロスも減るんじゃないかと思う。
今回の日本滞在は充実だ。

中国輸入動画

動画アップついでに見てみたら、youtubeの中国輸入動画ますます減ってる。
面白いのが1つもない。というかそもそも新しい動画が無い。
少し目についたのが、相変わらずだけど「リサーチ」。
1日20~30商品とかそういう話題がでてたけど、youtuberが言わないだけで、その路線はダメだと思う。
(私が知っている限り)今でも出来てる人は、リサーチしないもしくはリサーチは完全にプログラム。
リサーチといえば気になったものの相場を見る程度と思う。
そもそも、日本人にはあのコツコツやり続けるのは向いていないと思う。
少なくとも人力でやるのなら、詰め込み教育で繰り返し作業をひたすらできて、単価も安い中国人とかがやるべきだし、そもそも、それらを自分でやってる中国人にかなうわけが無い(と思う)。

 

バーコードリーダー到着!

別に大したことではないんだけど、待ちに待った物が届いた。
AMAZONで買っても安いし、コンビニでも使われているような、どうでもいいものだけど。。。

bluetoothでの接続は、さくっと出来た。PINコードは10010。メモ
機種名CT10Xで、マニュアルがオンラインにあるので、マニュアルとかはゴミ箱へ。
https://www.shop-expert.ro/files/CT10%20Barcode%20Scanner%20User%20Manual%20v4.0.pdf

ほとんどデフォルトの設定で問題ないけど、接続時のAuto Uploadingだけオフにした。
キーワードは、Disable Auto Uploading

さっそく読み取り。
さくさく読めるけど、時々一瞬遅れる。

CODE128なんかも試したけど、あまり変わらず。
しかし、良くこの線がグニャグニャな状態でも読めるものだ。
結局、バーコードの大きさを気持ち大きくしてJAN8にすることにした。
やっぱ早いなこれ。いろんなシーンで使いたい。
入庫処理とか在庫管理以外にぱっと思いつくのは、ゆうパックとかゆうパケットとかでスキャンで伝票番号反映とか。
簡単に作れそう。(優先度低)

その他、気付いたことは、こいつはモニター上のバーコードには反応しない。
もちろんスマホ上のバーコードも反応なし。
使うことは無いからまあいいけど、テストなんかの時もプリントしたバーコードを読込しないといけないのは面倒。
中国のコンビニなんかの読み取りは、これ対応のスキャナなんだろうな。

物が全然届かない@大連

大連到着し、バーコードラベルはちょっとのサイズ調整でイケた。
画像もCSSで切り抜きできる便利さ。
ただ、バーコードリーダーが届かないので、これでFIXしてよいものなのか未だ不明。

大連到着していろいろ買ったのに、全然届かない。
どうやら、申通快递がぜんぜんダメっぽい。(バーコードリーダーもココ。)
有名なところらしいので、旧正月明けの荷物がまったくさばけていないということか。
深センで受け取っておけば良かったな。

かろうじて届いたもの。照明。
初代とまったく同じスペック、同じ店。

小さいサイズの机に交換して、2台体制に。

ローソンのいちごサンドイッチ

サンドイッチ買おうとしてレジに行くと、2週間限定って広告がでてた。
もしかしたら、明日終わるのかもしれないし慌てて買ってみた。
そうか、今いちごシーズンか。

味はまあ普通。昔と違ってパサパサしてない分、何か改良してるのかな。
深センにもローソンほしいなぁ。

ヤフーショッピング

3商品だけ登録して放置していたけど、なんと1個売れていた。
決済も終わっているし、送り先も登録されているし(当たり前だ。)なんか、やっぱネットショップいいな。
ポイント消費で使う人は、値段は考えていないような気がする。
もしろ、同じ商品でも、どうせ無くなるならポイントギリギリで高い方にするみたいな心理が働いているのかもしれない。
ちょっと研究したら面白そう。

その他

いつものバーの方が、昨日で退社、日本に帰ってしまうとこの事。
お店も間もなく閉店。
なんとも寂しい。しかし、いろいろおめでとう!応援してます。

バーコード準備開始

まだバーコードリーダー買ってないけど、ぼちぼち準備を始める。
まずは商品に貼らないといけないので、バーコードの出力から。

いくつか規格があって、メジャーなのはJAN 13ぽい。
頭が49とか45だと日本を表すらしいけど、頭20とか社内用としても利用できるらしい。
ただ、数字の羅列になってしまうので目視把握が難しく、できたら英文字も使えるようにしたい。
ベストっぽいのはCode 128。
小さい商品もあるので可能な限り小さなラベルにしたいし、実際に読み込みを試して制度が良くなかったらJAN 13を採用しようと思う。

で、PHPからの出力。

[PHP]PHP-BarcodeとgenbarcodeでCODE128Cのバーコードを生成する


ここを参考にしたらあっけなくできた。

以下一応メモ
https://ashberg.de/php-barcode/download/
ここからダウンロードして、サンプルを動かす。→動く。
Code 128にしたところ、genbarcodeを入れろとエラー。

$ wget http://ftp.gnu.org/gnu/barcode/barcode-0.98.tar.gz
$ tar xfvz barcode-0.98.tar.gz
$ ./configure
$ make
# make install
$ wget http://www.ashberg.de/php-barcode/download/files/genbarcode-0.4.tar.gz
$ tar xfvz genbarcode-0.4.tar.gz
$ make
# make install

再読み込みすると、無事Code 128を出力できた。
IMGタグで、

<img src="barcode.php?code=XXX&scale=2&mode=png&encoding=128" />

で出力できるお手軽さ。

あとは、ラベルプリンタサイズに調整でOKだな。

ちょっと遊んでみて、普通にJANがいいのかと思ってきた。

不明はautoで出したので、なんだかわからんけど、サイズを考えると英文字はやめてJAN 8あたりが正解と感じる。
まあ、ラベルプリンタもバーコードリーダーも無いので読み取りに関しては不明だけど、デフォルトこのサイズで出力されるってことは問題ないっしょ。
JAN 8だな。
genbarcodeは不要だったか。

インパクトドライバー

全然関係ないけど、やっぱこいつサイコーだ。

前のは大連においてあるので、10年ぶりくらいに買ったけど、全然小型化されているし、軽いしもうとにかくすばらしい。
収納用の箱自体も前回のやつより半分以下になっていると思う。
喫煙スペースがこういった物を置く倉庫っぽくなっているけど、タバコ吸うたびに眺めてしまう。
いいなー、かっこいいな。

ヤフーショッピング続き

やっぱ、ヤフオクなんかと違ってかなり簡単だ。
FBAなんかも無い分だけ、AMAZONよりも簡単な気がする。
あっちは、納品とかラベルあれこれ考えないといけないから。
(けど、売れないだろうけど。。)

結果としてこんな流れになった。
・基本情報(path, name, code, sub-code, price, headline, explanation, delivery, keep-stock)あたりはシステムからCSVの出力、アップロードで登録。
ただ、sub-codeを入れるためには、options、product-category、spec1~5が必須。
specはすべて空欄でOK。optionsはわかりにくい。”カラー 赤 青”みたいな感じで行けた。
・画像はシステムからzipでダウンロードしてアップ。
ただし、ヤフオクから移行だと、カラーバリエーション等がある場合、全色乗った画像をメインにする必要があるな。
・在庫の反映はAPI。これもとても簡単。やはりオークションとは違って、即座に反映できるし、リアルタイム反映も簡単に実装できる。
・最後にストアクリエイターから微調整。この微調整を逆にシステムに反映させるのもAPIで実装できそう。
・注文部分は不明。というか注文が入ってから作る。

やはりネットショップというだけあって、慣れてしまえばかなり構築も運営も楽そうだ。
ただ、画像や商品説明あたりを作り直しになるのは必須。
次の大連入りまでに、細かい調整も終わらせて引き継げたらいいな。

ノート

子どものノートが置いてあったので、見たらちと笑った。
なんでも宇宙ノートとか書いてる。

時々、コスミックフロントとか横で見ているけど、ブラックホールとか赤色巨星とか多少は理解しているんかなこれはw

ヤフオクAPIいよいよ終了

「止めるなら最初からやるなよ」と思うのと同時に、10年近く運営してくれて「今までありがとう」とも言いたい。
利用者としては、有料になってもいいので生かしてほしかった。
最近APIのレスポンスが早いので、すでに利用を取りやめている人も多と感じる。
ただ、ネットでたいした騒ぎになっていないので、利用者少ないのかな?
ということは、少ない利用者がぶん回していたこということも考えられる。
リサーチツールなんかだとそういう結果になるかもな。

今のシステムは(まじめに)バリバリAPIを使っていて、落札データの取込以外は12月の段階で対応をすませたつもり。評価とか。
終了後にも、うまく動いているのを祈るのみ。
落札の反映については、メールベースに変更して今の所問題なく稼働している。
ただ、APIと大きく違う部分は
・メール文面に、落札者IDと数量が記載されていない。
・API使用時は手動で同期だったのが、メールベースにしてリアルタイムになった。
あたりかな。

落札者IDは住所取得時に合わせて同期で対応。出品時の数量も予めDB側で保存し、数量違いは同期時に再設定でなんとか凌ぐ仕様。
ただ、副産物としてはリアルタイムに在庫を反映できるので、重複出品が可能になったりや他ネットショップと在庫を同期できること。
(AMAZONはFBAで在庫を分けていたけど、今後は出品者出荷もいけそうだ)
というわけで、システムの大幅なバージョンアップ中。同じ在庫数で売上アップが見込めるならまあいいか。
商品データのアップデートも必要となるので時間かかるけど。あれこれ中国人にやらせよう。

Mobike

やっぱり便利。ofoが大量に止まっているの目立つけど、どうやらうちのマンションはほぼMobikeユーザーっぽい。

近くの建設現場

なんか深く掘らないつもりっぽいので、低層の何かができるのかな?
カルフールみたいのだったらいいな。

ヤフーストア構築開始

まあ、ヤフーストアに売上は期待していないけど、ちょっとした理由で構築を開始。
今までデザインのみ請け負うことはあったけど、商品登録を含め1からは初めて。
正式名称はヤフーショッピングかもしれない。
以下、次のためのメモと、いろいろたぶん愚痴。
このページは、いろいろ追記、修正していく予定。

メモ

・ステップを踏まないと開店ができない。開店までの期限は1か月。
ヤフーIDとくくりついている。社内とか共有する場合は、専用に容易しないとプライベートがだだ漏れ。というワケはない

不明点など

商品登録はCSVでできるけど、画像はどうなるんだろう。。今の所不明。
商品のオプション欄で、サイズとかカラバリ等、個別のSKUとかJANは設定できない。マニュアルを見ると設定したければすべて個別で商品登録しろとなっている。(こりゃ、終わってるだろ。。どうしたものか。。)というのを何処かで見たけど、設定できるっぽいな。

大連の倉庫が寒すぎるらしい。

倉庫のビル自体が暖気が入っていなく、そこそこ広いので作業のたびにエアコン入れてもほとんど効果がない。
大連自体、最低-20度くらいまでいくらしいので、部屋もほぼ-20まで下がることもあり得ると思う。
恐らく今の最高気温でも0度とかじゃないだろうか。
基本、冷凍庫より寒いんじゃないかな。
ピッキングのときは、ここで半日仕事になってしまうので、あわててそれっぽいものを手配。

なんか作業着というより、なんというか微妙なものしかない。
いつもの服の上にさらにこれを羽織れば多少ましになると想像。

足も寒いので、こんなのも試しに導入。縛れば熱が逃げずに暖かい?
よければ、作業者分用意してもいいかも。
女の子たちがこんなの着てるのを想像すると笑えるけどw

和幸

たまにいくけど、初めてカツ丼にチャレンジ。

結果、失敗。
なんか普通のロースより薄いんだけど。。

中国輸入の感想と現状

日本に来るとだいたい一度は確認しているのがyoutubeで「中国輸入」のキーワードの新しい順のもの。
中国輸入代行業をされてる友人が映っているのがいくつかあって、かなり満足。
(話されてるのはキレイごとだけど。。)
今回の第一印象としては、「なんか動画減ってないか?」と思った。
AMAZONを例として、中国人プレイヤーが増えれば、「供給過多=儲からない」となりそうだから仕方ないとは思うけど。
まあそこはAMAZONのさじ加減次第か。
あとは撤退組が損切りすることで価格破壊を起こしてるとも感じる。
中国輸出に関しては、恐らく難しすぎて参考になる動画はたぶん無い(と思う)。

次の印象としては、「独自ブランド作りましょう路線」。
個人的には、「中国輸入からの独自ブランド」は順序としておかしいと感じる。
本来、作りたい物がある人が中国生産を選択肢として採用するのが自然であって、中国輸入で相乗りされるとか、売価を保つために独自ブランドというのはちと無理がないか?とか思う。
結局これも飽和からの結果なのかと。
作りたい物を作る人には勝てないっしょ。
能力的に「中国輸入で利益をあげられる」+「独自ブランド作れる」というダブルの要素が求められて、昔に比べハードル高いんじゃないかとか思う。

自分の現状

新商品が月MAX800商品まで取り扱うことができるようになった。目標の年1万ペース。
それがバイトメインのフローというのが強みになると思う。
10月は400商品くらいだったけど。
ただこれも在庫スペースの関係でいつまでできるかわからん。
東京に事務所を戻した後、ほぼ毎回棚を買っているけど、そろそろ満パンになりそう。
動画では「リサーチ大事」みたいなのが多いけど、相変わらずリサーチ抜きで片っ端から買っている。
この調子で商品増えれば明るい未来と思うけど、なんだかんだあれこれトラブルとかで伸び悩むんだろうな。
十分潤うレベルになったら、新しいこと始めたい。

今回買ったもの。日本も安い。


そして中国から持ってきたもの。こっちはサイズ間違えて右部分が未完成。。きっと風邪のせいだ。
ふろ場を有効利用できたら、便利じゃないかと思う。

船便

国慶節の影響からか、週1で送ってる船便がまとめて3箱届いた。
物によっては在庫が多すぎるので、船便系のシステムのチューニング。
船便増やしたいのに、タイムラグが多すぎてなかなか難しいところ。

その他

上海に移った友人から、「上海に来てうちに住んでいいよ」っという連絡が来た。
なんか何よりも嬉しいメッセージだ。
こんな感じで世界中に居場所ができたらいいなと思う。
上海好きじゃないけど、行きたいな。