タグ別アーカイブ: 輸入ビジネス

Made in表記が必要な場合もあるらしい。

午前中にスタッフから連絡がある時はだいたいトラブル。
今回は、荷物が税関で引っかかったらしい。
ひさびさだ。

聞くところによると、「Made in表記が無いよ」と言われたらしい。
はて、そんなのは今まで気にしたことなかったし、そもそもMade in表記無い商品ばっかりな気がするけどな。
初めて聞いた。

問題となった商品からぐぐってみると、あらホントだ。
どうやら国名とか国旗とかが商品についている場合は、産地を明確にするためMade in表記が必要らしい。
原産地表示に係るQ&A : 税関 Japan Customs
へー。
こんな対応でいいかわからんけど、次おこられないようにmade in chinaシールをタオバオで注文した。

しかし、日本側のスタッフがでると、運送会社内の税関職員に、
「共同購入ですか?もしそうなら、みんなで買ったのではなく、みんなが欲しいものを自分がまとめて買ったと言ったほうがいいですよ」
とか、向こうから言ってくる。
おそらく私が電話に出ると、きっとこうはならない。

どいういうわけか、輸入、輸出とも好調?

SKYPEで日本の商品の買付依頼が来て、システムを見て数字が伸びていることに気づく。。
輸出向け商品もほぼ中国側で買い付けてるけど、一部ヤフオクとかメルカリとかそういった日本語のニュアンスが必須な買い物は日本人に振られる。

理由はわからないけど、なんか急にオーダーが多い。
中国輸入に関しては、(旧正月の準備不足で)ここ10日くらい荷物が届かず、欠品が多いはずなのだが、データを取り始めたここ3ヶ月の記録更新。
見てみたら2/1がピークになっていて在庫がわりと豊富だった12月よりも多い。
あ、そんなことなかった。。12月と比較して2位の販売数だ。12/20がトップ。

中国輸出に関しては、2/2まで中国側が休み、2/3から通常営業になったけど、2/3と2/4ともオーダーが多い。
こちらは日単位で集計をだしていないので、詳細はわからないけど、ここしばらくぶりのピークなんじゃないかな。
こっちはもしかしたら、休み明けなので、お客さんが待っていたという理由だったら数日で落ち着くとおもう。

日本中国の景気がともに好転とかそんなんだったらいいな。

車を見に行く

家族が買い替えたいということで、試乗してきた。
家族の希望は、アクア。
それに対して、同じ位置づけだったら、ディーゼルターボのデミオを提案して、それぞれ試乗。

まずはデミオ。あ、写真は取ってないや。
これ、かなりイイ!
おそらく同じクラスだったらダントツパワーがあるんじゃないかな。
内装も高級感があってコックピットみたいな感じ。
自分だったらこっち。けど、自分用ならもっと大きい車買うな。
気になったのはドアミラー。ちと取り付け位置が後ろ過ぎないか?

次にアクア。
こりゃ、まったく違和感なし。今の車がトヨタということもあって、試乗しても新しい車に乗っている気がしない。
パワーにしても、空間にしても今の車と変わらなすぎて、何も面白くない。いい意味で。
この軽のような、貧弱な内装が、むしろ(今の車と同等で)違和感なくて、家族から高評価w
自分の車じゃないし、こりゃアクアで決まりだな。
ただし、次期アクアの噂がでているので、フルモデルチェンジまで待つ方向で終了。

アクアの隣にあったC-HR。なかなかゴツい。

カップラーメン

前回のチョコ味は挫折した。全部食えない。。


今回は抹茶味を買ってきた。
今のところ試す気にもならない。。

こいつは予約終了。いいのかな?

買い付けシステム

店の名前だけで、あまりに無機質なので画像表示もできるようにした。
1店につき、最大4商品。
これで、どんな商品の店なのか視覚でわかる。
なんとなくOK

開始前に「更新」というのも、CRONで自動にした。1クリックとか数秒の待ち時間すら減らしたい。

リスク管理

今回日本で一番できたのが、リスク管理と思う。
具体的な内容を書いてしまったら、それはそれで新たなリスクを産みそうなので書かないけど、大連であったSさんの規模(うちの20倍)を考えると早め早めにこういう一見無駄なことも各種構築していきたい。
まだ完全に動いたわけではないけど、リスク管理についての方向性と準備、スタッフの理解が深まったことが今後の成長に不可欠なんだと思う。
とは言ってもこれからもあれこれトラブルは起きるんだろうな。

輸入ver1.4 SKIP機能

本日、梱包を手伝ってみて、またまた気になる点を発見。

SKIP機能

商品のピックアップはリストの後ろからやると、梱包時にリスト順で始めやすい。
それは商品がリスト順に重なるから。
ただ、ピックアップの途中で別のスタッフが梱包を開始すると、「後ろから始めるのか」「途中から始めるのか」で悩んでいた。
これ、数が少なければ後ろからでも商品がすく見つかるけど、ある程度の量になると一番下のものを見つけるのも取り出すのも困難。

で、途中から開始するために、リストの何番でも直接飛べるように機能追加。
画面左下のリスト番号をクリックすると、切り替わる。

あと、途中梱包が多少面倒なカテゴリがあって、それを後回しにしたい。
簡単なものを終わらせて、ちょい面倒をやっつけるみたいな。
それが、最下部真ん中のカテゴリ一括SKIP機能。
どちらも今たまったオーダーで見る限り、無事動いている。

これで、さらに楽になるはず。

輸入 ver1.3

若干変更したので、記載。

買付システム改善

割りと大きそうなのは、買付一覧の変更。
今までは、商品に着目しながら商品→店という流れで追加発注をしていたけど、これを店単位で必要なものだけリスト化されるようにした。店→商品の流れ。
あらかじめ設定した基準(商品数や合計金額)に達していないものはリストには出てこない。

モザイクばかりでどうしようもないけど、赤いのはすべて買付必要。
中国側のスタッフがひとまず何も考えずに、上から処理すればいいだけ。
考える部分を減らすということは、大事なことに集中できるのでとてもいいことだ。
これで欠品が減ると思う。

日本向け船便リスト改善

前にも少し変更したけど、その結果からなのか、なんか余計なものの在庫が8個とかになっていた。
今までは、どんな売れ筋商品も日本在庫8なんて記憶に無いからおそらく船便の効率がそこまで良くないんだろうと思う。
(船便以外は基本欠品商品を送っているし、、)
今回の改善は、売れているもの順で日本在庫をあまり気にせず送るように変更。
同じ販売数は軽いもの優先。これは前回と同じ。
ひとまずどう変わるか楽しみだけど、今は中国側は休みだし、結果がでるのはそれから1ヶ月以上先。
事務所移転ともかぶりそうだから、もっと先に結果がでるのかなぁ。

パッキング、ピッキングの流れを保管場所順に

取り出す際に、歩くルートに従ってリスト化するように変更。
カテゴリ毎の箱番号順なのは今まで通りだけど、このカテゴリについても順位づけを行って、最短距離になるように変更。
大連、日本と商品の置いてある場所や、保管方法が違うので、それぞれ順番として別のキーをもてるようにした。
ついでに、日本の場合は、DM便とか定形外とか発送方法毎に取り出していたのを一括取り出しに。
それによって、ちょっと遠い場所にあるものは、小さい買い物かごみたいなものを持って、それに詰めて戻ってくるイメージ。
これはどちらも早いし、根本的に楽になった。

日次集計

ver1.2でつけたものだけど、しっかりほぼ3ヶ月分たまってきた。


これ、きっと将来役に立ちそう。
出品点数が少ないのに売上が多いのは、売れる時期。
逆に点数が多いのに、売上が低いのは、買わない時期。と考えられる
本当は商品まで掘り下げたほうがいいんだろうけど、これであらかじめ買付とか輸送する量を調整すれば効率は良いはず。

いろいろ構想。特にAMAZON

思いついたアイデアなんかを、ほとんど実行できずにモチベーションが下がって忘れてしまうなど良くある。
ひとまず忘れないように、ブログに構想タグを作って、時々書くようにしようとおもう。

メルカリについては、出品、注文管理、在庫管理のおおよそシステムができているけど、商品点数が増えない。
理由は面倒だから。。
けど、なんか業者排除の方向っぽいので、こちらはそんなノンビリペースで良しとする。

アマゾンはやはり本格的にやっていきたい。と、前からも書いてる気もするけど。。
今回も、一部AMAZON向けを送ったけど、数日で半分くらいが完売してしまった。やっぱ強いな。

で、構想

・今の商品を、AMAZONにも出品する。(当たり前だ)
・基本はFBAで考える。ゆくゆくは一部販売が少ない商品は自社発送もあり?けど、販売数が見込めないものを出品するのも面倒だ。
・出来る限り、相乗りよりオリジナルで出品したい。
・船便以外は、中国からの荷物にAMAZONの商品を同梱し、こまめに在庫補充。
・在庫連動システムを作る。
・パッキングのシステムを作る。納品も連動したい。
・日本国内在庫をFBA向けに移動するためのシステムを作る。
・最後に今ある商品の商品登録だとか、相乗り先を探すことになるとは思うけど、これがなかなか頭が痛い。地味すぎて自分ではやりたくないし、今のスタッフは日本人すくないしなぁ。
バイト代出してもAMAZONだけでペイできるレベルに持っていきたい。

中国輸入 ver1.2 &雑記

深センにいるとある程度実務から切り離されるので、妄想ばかりが膨らむ。
なんとなく今思っていること

いい時期も悪い時期もやっていることは変わらない

先日友人にあった時も、友人は軌道にのっていて、それでもバリバリあれこれ手がけている。
「きっと明日は何やろう」とか楽しいんだろうな。
私はというと割りと低空飛行。
正直、組織を持ってしまったからくる固定費が大きくて、なかなか切なくなる。
月に100万くらいは軽く飛んでいて、数人だったら本当に利益がでているのになとか思う。
今の感じは「明日何しよう。ワクワク」というより、「アレやらなきゃこれやらなきゃ。果たしてそれは正しいのだろうか」などとあまりワクワクでは無い。
けど、きっとやっていることは同じ。
なんていうか、気持ちの置き方次第で、楽しくもなり苦行にもなる。
とは言っても、セブ滞在のことを考えるとうまくいっているときは、ダメダメになってしまうのがダメダメなんだろうな。

他の成功した友人が「南の島で何もしない生活をしてみたけど、3ヶ月で仕事がしたくなった」と言っていた。
きっと私はそのまま数年大丈夫なタイプだ。これはダメだ。

組織は持ってしまったし、組織があるからこそのメリットを活かして前進するのみ。
他にいろいろ新しいアイデアがあるのに、手が進まん。。

タオバオは激戦

これは中国輸出のケースではないけど、輸入で仕入れているお店が撤退したりしているところがたまに目につくようになった。
今回あったのは、アマゾンジャパンで出店をはじめたお店で、「タオバオの数倍で売れるからタオバオは縮小する」と言っていた。
あれこれ質問攻めしたかったけど、もっと買ってくれたら明日話してあげると言われた。さすが。。
たしかに、中国人のやり方で行くと極限まで価格競争はするし、大阪商人のような(失礼!)プレーヤーが多すぎで、タオバオは薄利多売が行き過ぎている。
すでにアマゾンも中国人プレーヤーもちらほら見るし、このまま行くと日本もより物が安い時代になりそうだ。高いものと安いものの両極端になるのかな。

中国輸入ver1.2

なんか輸入の売上が下がっていて、半年前に輸送方法を変えたことが今更影響しているのかなと思う。
その時は、かなりの量を送っていて(当時毎週大型ダンボールを3箱)、それを切り替えた結果在庫切れが多すぎるんじゃないかと思っている。
というわけで、システムの集計データを毎日保存するようにした。
DB内にはRAWデータがあるから、なんとかすれば過去を追っかけられると思うけど、なんか前向きじゃないしな。
システムのTOPに表示されているデータを、CRONで1日一回保存するだけのお手軽仕様。
単純に売上が上下したら、ここの数字がこうなったから上下しているんだと把握できればそれも前進につながるのではないかと思う。
たった今作ったので、1行しか無いけど数ヶ月もしたら面白いデータがとれたらいいなと期待。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%8901
とりあえずなので、最低限の内容。
グラフとかも出したい。
総アイテム1万を目指しているのに、まだ達成してないんだな。

中国輸入 ver1.1

今回、船便の発送があったので、現場でちら見。
15kg近くの荷物なのに、商品点数がたったの118点だった。

20161017_190507
え、これしか入らんのか!
というわけで、あれこれ考えたところ、少し思いついたことがあって今回は2点のバージョンアップ。

軽いもの優先に発送

今まで、特に船便は販売数が多いものを優先して送っていたけど、これを軽いものを優先に切り替え。
次回は商品点数が増えるんじゃないかと期待。
さっそく今スタッフがEMSをパッキングしているしているけど、リストを見ると10kgで商品点数201個になっている。
うむ。だいたい倍だ。。

パッキングリストをプリントアウト

9cede4d84fdc4ad9dc84f7f3b5fa9e95ad7fb8eccc257e8a20pimgpsh_fullsize_distr

今までiPadの表示にしたがってパッキングしていたけど、あれこれ工夫しても表示の遅さで待ち時間が多い。
これは、ネットの環境と、100以上のリストをAjaxなんかで処理する場合のiPad側の処理速度の問題。
一気に、紙ベースというアナログに切り替えてみた。
モノクロレーザーなので、よくわからない場合はiPad参照という感じ。
中国側スタッフも「安い人件費でパワープレイ」という感じから、「自動化ツール等も作ったりしながら効率化」の方向にシフトしていきたいと思う。

その他

20161018_144803_001

事務所のエレベーターにあった広告。なかなかxiaomi活躍してるな。

20161019_211611

日本料理。さすが大連。

20161019_135922

飲みの翌日はだいたいこのラーメン。
毎日行ってるってことは、毎日飲んでいることになる。

プラットフォーム横展開

最近、AMAZONで販売をして欲しいクライアントがあったり、不用品をメルカリで処分したりでプラットフォームの幅が広がってきた。
見ていると、それぞれユーザー層の違いからと思われる向いている商材の違いがある。
面白い。
すでに、メルカリは在庫共有しながら販売のテスト段階。
自動再出品(システムからCSVダウンロードして、自動出品)のシステムが8割型出来上がってきた。
クライアント側のアプリなので、完成したらアプリを公開するのも面白いかもしれない。
わざとそうしたのは、CSVから実際にクライアント(今回はIE)を自動制御するので、適切にランダムなスリープとかを設ければスパムと見分けがつかないはず。すなわち安全。
あれこれ、バージョンアップしたりしているけど、それでも数字が伸びては縮んでを繰り返すということは、昔ながらのやり方をしている人たちは厳しそうな気がする。
平均速度が常に早くなっているマラソンのようだ。

輸出側も、いくつか動いているものもあるけど、直送の代行は全体的に数字は伸びていないみたい。
今の輸出側のテーマは、売上よりも、販売数に重きを置いている。
たとえ利益が0でも、ひとつづつクラウンまで店舗を育てたい。(まだクラウンじゃないのか!と言われそう。。)

チケット取った

名古屋と沖縄、大連で集合?のお声をかけていただいたのだけど、すべてをブッチして勝手にスケジュールを組んだ。
まあ、いろいろやりたいこととやらないとけないこと、遊んでられないぞ!ということで。

20160929_184744

なぜか静岡にいるとこってりしたものが食べたくなる。

今現在のシステム 輸入編ver1.0

最近はあまり情報公開していなかったけど、少し変化があったので最近の状況を書いてみる。
システムを開発しながら、輸入をしている人は限られていると思うけど、なにかの参考になれば。。
上には上がいるので恥ずかしいところだけど、バージョンとして時々書いていきたい。

まず、在庫の管理はいつだか書いたAMAZON方式で劇的に改善した。
「先入れ先出し方式」?を使っていて、今回日本滞在でこれを「先入れ好きなところから出し」方式に切替中。山積みになったダンボールの中から、取り出しやすい箱から出していいイメージ。

bfc0c14890c0940c1fa09da5595d352da7b26080d2edc681cepimgpsh_fullsize_distr

フローで言うと
1.システムに従い中国倉庫から必要数をパッキング
輸送方法は、各種フル稼働で行ってる。今後はコストが安い船便をより増やしたい。今、船便はだいたい10日毎発送。
2.届き次第、日本側で入庫作業。
各商品は、軽く再検品後、カテゴリ毎仕分けするだけ。個別にはしまわない。(AMAZON方式)
3.売れたものを出しやすい箱から出す。
今回の変更点。今までの先出し方式から好きなところ出す方式

101f690bcb32e04d1c0c69f21d3ac00378ba5e1419de31c145pimgpsh_fullsize_distr

使用という部分をクリックすることで、「今回」使うべきものをスキップしてすきなところから取れる。

AMAZON方式+先入れ先出しで、発送に2~3人必要だったのが、2人で午前中にほとんどが終わってしまうくらい早くなった。(およそ発送数は@100/日。変わってねー)
さらに先出しをやめることで、より速くなると思う。

これが安定したら、送りすぎた商品を他プラットフォームで販売できるように取り組みたいと思う。というか、現在テスト段階。
もう一つは、捨てたり人にあげていた不良品の処理方法が確率しそうなので、そちらもフローとして取り入れたい。これは、利益というより、在庫スペースの整理な意味合いが強い。

IT分野もどんどん発展しているし、ビックデータ+AIの活用みたいな方向を取り入れて進化できたら楽しそうだなぁ。とか妄想。

中国輸出入の状況と感想

もしかしたら、輸出入関連で見に来ていただいた方もいるかもしれないので、現在の状況というか感想みたいなものを書いてみようと思う。
5月くらいから少し真面目にやらないといけないと感じていて、そのおかげか効果がでてきている。
このまま、来年の4月まで余計なことは始めず、コツコツやっていきたいというが今の気持ち。

中国輸出に関して

円高や6月のEMSの値上がりの影響で、いろいろ数字が落ち込むかと思ったけど、実はそんなに変わっていない。
とは言っても去年の全盛期に比べると、利益ベースで40%ダウンくらいになっているが、今年だけで見るとほとんど影響というか変動は無いと思う。
なぜだかわからん。
6月からは、輸出側に割く時間を大幅に減らしているはずだけど、下がらないのは何かの力が働いているのか、前のやり方が無駄だったのか。
とうわけで、あまり変化が無いのでむしろ書くことが無い状態。

ただ、梱包に関する新しいアイデアがあって、これから導入予定。
具体的には、緩衝材にボーカスペーパーとエアクッションを使い分けていたのだけど、一律エアクッションにするつもり。
これは、エアクッションのみになると余計なことを考えずに、ほぼ最軽量の梱包が可能。エアクッションのサイズはよく使うダンボールに合わせて3種類を用意する予定。
梱包時間短縮と、送料が下がればより利益が取れるし販売価格が下げられると思う。

中国輸入に関して

3ヶ月前と比べて売上はおそらく50%は上がっている。これは大きい。
主な原因は、日本への輸送方法の改善と商品数を増やすロジックが確率してきているからかな。
それでいて発送業務は午前中にほとんど終わっている。昔に比べたら大違いだ。
こちらの主な原因は、国内発送方法の変更で梱包が簡単になったこと、梱包が面倒な商品を取りやめたこと。
そして、梱包時間が短くなったおかげでトラブルの処理時間を確保できるのもメリット。

^F99DF4B4B89BAAC5CC71EB36D2BD134DE1486900478F851ED2^pimgpsh_fullsize_distr

そして新たな新兵器がこれ。
これを大連に常備して、可能な限り適正な梱包まで仕上げてしまう。送料のムダもなくなるし、発送に関してはかなり追求できそう。

輸出と輸入の売上が逆転したので、以前は余った元を中国のキャッシュカードで引き出しということをしていたけど、今は円→元が必要になった。
これの対策は、簡単。

リサーチについて

基本的に輸出、輸入ともリサーチはしてない。
やっているのは、追加発注の時に適当に他の商品も買ってみるということと、実際良くあることだけど追加発注時に完売になっていて、別の店から買い付ける際に、そのお店の商品を適当に買うだけ。
この方法の利点はどんどん新商品が増やせること。そして商品登録作業などの9割は中国側で完了するフローになっている。
タオバオのお店の売れ筋は、だいたい日本でも売れる。
ただ、買わないように気をつけているのは
・商品に中国語の記載が無いか
・販売価格が満足できるか(0.1元のものを買って100円で売るとか、意味ないので)
・仕入れ価格が高すぎないか(不良在庫になった場合、単価が高いとロスが大きい。単価が安ければゴミ商品でOK)
・日本に輸送できるか?販売しても大丈夫なものか?
くらいかなぁ。

で、この「販売しても大丈夫なものか?」で、たまにヤフオクとかAMAZONを見てみる(前はそれすら見なかった)のだけど、なんか意外な事実に気がついた。
ヤフオクの場合だけど、ほぼ新規の人が商品数数百とかで出品してる人がいた。これおそらくAMAZONでアカウント停止をくらった人じゃないかな。安全そうな商品ばかりなのに。。
見れば見るほど、そうとしか思えないラインナップ。写真も背景白のAMAZON画像。すでに3人くらい見つけたというか目についた。

y

たとえばこれ。評価3、商品数622。

AMAZONについて

今ある商品の一部がAMAZONのASINとくくりつけられているんだけど、どうも危ない。

危ないと感じたケース
・同じ商品だったのに、今見てみると4枚目くらいの画像に小さなロゴを印字してあるケース。OEMというやつですね。
・ノーブランドなのに、「公式グッズ」と記載が追加されているケース。
・2個セットだったのに、同じASINで4個セットに変わっている。
・セット商品が変更されているケース。

たった、20商品くらいでこんな事例(地雷?)が見つかってしまうと、なんかAMAZON始めて大丈夫なのだろうかという気持ちになる。
危ないなと感じたものすべてに、なにか悪意を感じる。
先に書いた、アカウント停止でヤフオク参入が事実であれば、相当な返送料・量と、急に失った売上、自社発送への切り替え対応などなど、リスクを想像するだけで深入りしてはいけない気持ちになる。

ebay始めたいけど始めない

やってみたいアイデアはあるのだけど、少なくとも来年4月までは手を付けない。