タグ別アーカイブ: モノ

小愛音箱 日本で使えず。。

中国のスマートスピーカーだけど、もし日本で使えたら需要あるかもと思い持ってきた。

左:小愛音箱、右:Google home mini

結論:小愛音箱使えない。

といか、ボイスアシストの小愛自体は問題なく使える。
ただ、音楽がQQをエンジンにしているので、ほぼすべての曲にSKIPがかかり(楽曲リストは読み込めるけど、日本での再生権限が無くスキップでループしているみたい)、結果無音になる。

ただし、副産物としてAmazfit Vergeのボイスアシストは使えることがわかった。

ということで、また中国に持ち帰る。

Amazfit OS 3.0.6.1

Verge用。相変わらずアップデートが頻繁に入る。
今回のはシンプルにバッテリー異常消耗の修復。
これは、バッテリーの持ちに影響するかも。

google home mini 2代目

友人から、家電量販店にて2,000円で投げ売りしてると連絡があって、メルカリみるとほんとにその値段で売られている。
どうも、どこかの回線事業者がセット品として配っているらしい。

実家のおばーちゃんでも重宝するかと思って、底値だし買ってあげた。

JBL LINK 10

と、買った後にきづいたけどJBLからもGoogleアシスト対応のスマートスピーカーが出ていたみたい。
ちょっと足してこれの方が良かったかも

AMAZON ECHOも新しいの出してた。すっかり忘れてた。
個人的には無料版SPOTIFYに比べ、ただのPRIMEの音楽は聞きたいものが少なすぎる。
ただし、AMAZONのボイスコマンドは気になる。

ぜんぜん関係ないけど、このすば。
2019年に映画公開らしい!。みたいぞ。

諏訪さんの在庫があった。買ってないけど。。
アイマス陣営強いな@にこたま文教堂

Amazfit OS 3.0.6.0

Vergeのアップデート

・新ウォッチフェイス(Spiked)心拍に連動して、背景が動く。
・緑米Aqara対応。どうやらAqaraは家電のコントロールっぽい。
・その他、バグフィックスなど。

Spikedはなかなか面白いけど、字が小さすぎる。

うれしいお知らせ。
メッセージ系以外の通知はカットしてるけど、こいつは外せない。

木製Bluetoothスピーカー買ってみた。

毎年のようにスピーカーは買っているけど、今回は今使っているJBLのかなり昔のやつを10時間以上再生していたら頭が痛くなってきてしまった。。
というわけで、失敗覚悟でタオバオ。

条件
・小さいかつある程度低音出て欲しい。
・AUXとBT必須。できたらバッテリー駆動ができるとなお良し。
・USB電源。ACアダプターとか無くすから。
・ボリュームMAX時にかなりのボリュームが出る&耐えられる。

スピーカーは個人の良し悪しもあるし、なかなか視聴ができないし、できても店頭で聞くのと家で聞くのはだいぶ違う。
というわけで、いつもなら何も考えずJBL一択にしている。

というわけで、これ。
60RMBくらい。安い!5W X 2+パッシブラジエーター搭載モデル。

AMAZON見ると2,000円ちょいでパッシブラジエーター無しの旧モデル?が販売されている。薄利だ。

音質など

まあ、微妙。パッシブラジエーターの意味あるのかも微妙。
JBLの小さいのに比べ、高温域も低音域も出ない。(値段的に比較するものあれだけど。)
ただ、中音と中音よりちょっと上あたりにかなり余裕を感じ、見た目もあいまってなんともいい感じ。(木の箱にスピーカーつけただけという感じの音でもあるけど。)
小愛音箱に比べると、音がクリア。低音域は下手したら負けてるかもだけど。
ボリュームはそこそこ出る。バッテリー駆動も便利で今の所3時間くらい再生しているので日常使用はOKそう。

最初低音の無さに返品コースかと思っていたけど、数時間鳴らしていたら疲れにくいしかわいいしBGM専用機としていいんじゃないかと思った。
音に興味がない人で一人暮らしのワンルームなんかに良さそう。

Continue reading

amazfit verge 出荷開始してるみたい

国慶節でタオバオにログインできず自分のは発送状況が調べられん。
こういう時に限って、大連事務所のスマホあて認証画面がでてしまった。

ゲリラ到着を待つとして、到着した人たちの画像を貼ってみる。

一番早い人は9/30日のSF出荷組っぽい。いいなぁ。

なかなかいいぞ!評価も相当高い。
白、ネイビーの初期ロットは完売かと思っていたけど、どうやら初期ロットはブラックのみなんだな。
以下写真多め

Continue reading

マルチペアリングキーボード Logitech K380買ってみた

どうもフルキーボードだとマウスのスペースが狭いので、使い物にならないかもと思いつつ小型のものを買ってみた。
Logitech K380。
心配なのは、サイズが小さすぎないかと、丸ボタン。
日本でも発売されているみたいだけど、英語配列は取り扱いが無いみたい。

奥:今まで使っていたK375s
手前:K380

マウススペースがだいぶ広くなった。快適!
macbookでbootcamp利用の場合は、ALTとかのキー配列が異なっているので、強制的にMAC配列に変更する。

3秒間押し続けることで、OSを変更できるらしいけど、fn+lだとWinがスリープモードに入ってしまいうまくできない。
わかりにくいけどfn+iだった(メモ)。こりゃ間違えるだろ。

logicoolサイトのマニュアルでは、なぜか英語配列。
ネイビーにすればよかったな。

軽くレビュー

良いところ

・やはり小さい。そのぶん机が広い。キーの間隔はmacbook12とまったく同じくらい。
・キータッチはノートPC寄り。ちょっと電卓っぽいかな。でも違和感なし。K375sに比べるとぜんぜん高級感がある。ただしグレーの黄色いボタンは安い感じの色。
・丸ボタンは別に気にならなかった。
・マルチペアリングは良い。3台までペアリングできる。

悪いところ

・重い。持ち運ばないけどこれは重い。
・傾斜がほぼ無い。裏側になにか飛び出るものがついていればいいのに。
・仕方のないことだけど、Ctrlとfnキーがmacbookと逆。むしろmacbookが逆にしてほしい。

結論

買ってよかった。

ミリシタ

このゲームを始めてから初めてのフェス。
なんだか大盤振る舞いすぎてすごい。
通常よりも強いfes限定が出るだけでなく、同時開催で毎日10連が無料で引ける。(ざっくり3,000円相当?5日間で15K相当?)
そして何より、SSR排出率2倍。
なにこれ。

というわけで、Fes限いただきました。あざっす。
こんな大盤振る舞いなら、今回のフェスが終わったら、次が来るまでガシャは回さないと決めた。(無理だろうけど)

マルチペアリングマウス rapoo T100買ってみた

またまた日本にマウスを忘れてしまって、急遽注文。

深センのお店を選んだのに、合肥から発送になってしまい翌々日着。。

このマウスなかなか良い。
常時使うものだし、本来ならマウスはある程度コストをかけているけど、これでいいんじゃねと思う。
お値段からしてまあちゃちいのだけど、まったく普通だし、気持ち小さくて軽い。
何よりマルチペアリング。
USBの口を使えば3台まで対応する。

45元(なんと約700円)とかと考えると、無くなってもいいし、よく行く場所にはおいておいても良いレベル。
目立つ色にすればよかったかも。
日本未発売っぽいな。売ればいいのに。

AMOLED搭載 amazfit verge発売&予約開始!

何気なくタオバオ見ていたらおすすめ欄に表示が!

なんかいい感じ!というか安すぎないか??Stratosより安い。
中国版は「AMAZFIT 智能手表」になっている。

特徴としては、AMOLED液晶。5日稼働はいままで通り。IP68。
日本人にはきついけど、音声認識の小愛同学(ショウアイトンシュエ)にも対応。
この部分が「智能」の由来だろう。
反応スピードが気になる。実用レベルなら「ウーフェンチョンホーガオスウォー(5分後教えて)」など、音声でいけたら便利だろう。wear osの「OK google」は使い物にならなかった。
地味に便利そうなのは、スピーカーがついたこと。バイブ+着信音とか快適そう。

やはりxiaomi(今回はその子会社だけど)、すごいもんだな。

カラーは3色。現在予約可能なのはブラックのみ。
ネイビーもなかなか良いなぁ。
ただ、液晶は常時表示ではないみたい。うーむ、ここだけはネック。実機見たい。
AMOLED搭載で常時表示はさすがに無理か。

左がstratos、右がverge。
いつから予約開始したのかわからないけど、すでにstratosの販売台数を上回っている。

Apple watchは販売店がばらけているけど、amazfitはおそらく中国国内ではスマートウォッチの販売台数トップじゃないだろうか。

とは思ったけど、ブレスレット含めるとトップはきっとmi bandだな。
桁が違う。

予約する。

追記

Bluetoothのバージョンが4.2になって通信速度があがっているということは、音声認識速度(BT間でのデータ転送速度)に貢献し少し期待できるかも。
いよいよ楽しみ。
今使っているGalaxy S8はBT5.0に対応らしいので、5.0対応してくれていたら更に速い&最大400mということですごかったかも。
ただBT5対応製品なんて今のところほぼ無い。

いろいろ@深セン

AMAZFIT BIP。

深センに戻ってそうそうに買ってしまった。
中国語版はさらに安くて5K+。わお。
質感も意外と良いのと、何より軽さに驚き。
体感ではPaceの半分くらい。
BIPでもイイ気がするけど、なんか細い腕がさらに華奢に見える気がする。

移動日でもミリシタできるようにモバイルバッテリーを新調。type-cもいけるやつ!
今使っている音が出るやつは、容量の記載が無くて没収されたらもったいない。

QC3.0対応を買ったけど、S8への給電は9V 1.2Aくらいしか出ない。
充電はケーブルによっては9V 2Aの18W。
軽さ重視でQC3.0対応で5000mAh以下とかがあればいいのに、探しても無かった。
すごく安かったけど、ワンランク上の24Wとか30Wとかにすればよかったかな。このあたりになるとmacbookも対応する。すごい。

大連のOさん宅で見たDJ用のPCスタンド、まねして買ってみた。
もうこれは快適すぎる。なんか近未来気分。

マンションの1Fにデフォルト3人乗りと思われるチャリが。
さすが中国w

少年宮まで買い物に。ここも完全に都市だ。

隣接する公園。中国と思えないほどきれい。
芝生は裸足でも走り回れる。(ちょっと怖いけど、、)
進化だなぁ。

 

AMAZFIT PACEとても良い。買ったほうがいい。

ここ3日程度使った感想。(中国語版は前に使ったけど。)
正直これは買いだと思う。Apple watch買うならこっちのほうが良いと思う。
AMAZFIT BIPでもいいかもだけど、常時表示の無いMi band 3は物足りない。

梱包とかの手作業をしていると特にその恩恵は大きい。
テレビとか見ているときとかも同じ。
メッセージが時計を見る感覚で確認できるので、急ぎじゃないものはすべて手を休めることがなくなる。とても便利。
スマホをバッグに入れる人なんかは、むしろ必須レベル。

24時間使った後

実際は25hくらい経過後。
バッテリー残量82%。その後やはり1日あたり約20%減っていくのでカタログ通りほぼ5日可動ということになる。
常時表示だし、これはすごい!
シャワーの時に充電するとそれだけで100%に回復するという書き込みがあった。まだ試してないけど。
盤面はGARMIN風のやつをカスタマイズ。
ベルトはさっそく付け替えてみた。(純正は黒の裏が赤でイモリカラー。好きになれず。)
フォーマルなカッコはしないし、もっと派手なバンドでも良かったかも。

セカンドタイムゾーン

これだけはオフシャルで対応してくれないと無理かと思っていたけど、なんとアナログ表示併用でできることがわかった。

日本と中国の時差は1Hマイナスなので、アナログのhourのpng画像を-30度ローテートさせれば可能。
おお、これで自分の使い方としてはAndroid wearと遜色ない。(というかそれ以上!)

睡眠トラッカー

きちんと機能している。
9hは寝すぎな気がするけど。
不規則な生活なので、何かありがたい。

Apple watch、Wear OSと比較

なんとなくの比較
ググった上位サイトの何ができる?から検証

以下長文

Continue reading