タグ別アーカイブ: スマートウォッチ

Amazfit Vergeのベルトと充電器買ってみた

どちらもAliexpress。
今回はかなり時間がかかった。注文してからほぼ1ヶ月。
URで始まってCNで終わる配送はかなり時間がかかるのかも。

ベルトはこんなお値段。送料込みの日本円。
なぜここまで安売りするw。
1,000円くらいでも十分安いのに。

こちらも同じ。
2,000円でもいいと思うのに。
どちらもタオバオより安いんじゃないだろうか。

ベルトはかなりちゃちい。いらない。
24時間つけているので、劣化してきてるけど今のところ純正は販売されていない。そろそろ売ってくれていいと思うけどな。

充電用のホルダーは、純正よりよい。
純正は、裏面からケーブルが出ていてカバンに放り込んだりすると断線しそう。
こちらは横向きに出ているので、耐久性がありそう。
日本と中国に置いておけば持ち運ばなくて良い。

中国語版Amazfit Vergeを英語にする方法

何気なく、xdaフォーラム見ていたら見つけた。自分向けメモ。
ファームウェアの書き換えなしで安全。
Pace、Stratosでも可能。
ただし、Vergeの場合設定画面がエラーで落ちる。事前に設定をすませておけば問題なし。

http://en.miui.com/forum.php?mod=viewthread&tid=440615

手順はこちらの通り。
・driverをDLしてインストール
・コマンドプロンプトを管理者モードで起動
・コマンド入力して再起動

こんな感じでコマンドプロンプトを起動。

入力するコマンドはこれ

adb shell
setprop persist.sys.language en
setprop persist.sys.country US
reboot

入力するとこんな感じ。

一部のアプリ以外はほぼ英語表示になっている。

Commonを選ぶと落ちてしまう。
最初に設定しておけば、設定は引き継いでくれる。

待ち受け時の、曜日は中国語。まあいいけど。

戻し方

adb shell
setprop persist.sys.language zh
setprop persist.sys.country CN
reboot

で戻せる。
ja JPも試したけど、日本語はさすがに表示されなかった。

Huawei Watch GTがとても良さそう

なんとなく目についたもの

独自OSだけど、AMOLEDで2週間可動。
通知とアラームくらいしか使ってないユーザーには、現状これが最適っぽい。
Huaweiなので、嫌いなひとじゃなければハードもソフトもしっかりしてそう。
カスタムウォッチフェイスを無理やりでも設定できればいいかと思ったけど、無理っぽい。

Amazfit Vergeと比べてみて

メリット

・2週間可動
・筐体がこっちのほうがかっこよさそう
・5気圧防水

デメリット

・ウォッチフェイス設定不可
・アラームなどで音が出ない?
・機能はVeregeの方が多い(ボイスコマンド等)
・5日可動でも別に十分困らない

くらいかなぁ。
カスタムウォッチフェイスは、日本中国時間表示にできるので、自分には必須だなぁ。
デフォルトウォッチフェイスでいい人には十分と思う。
音に関しては、今のところバイブ+音で起きられるのでこれも必須。(バイブのみだと起きられない)
引き続きVergeの予定。

Matrix PowerWatch 2

こちらはなんと充電不要。体温で充電するらしい。
今年の6月から出荷予定。

これはこれでいいけど、充電いらない代わりに機能がカットされるならそこまでは求めてないかな。
けど、気になる。

FINOW Q1 Pro買ってみた。

Android 6.0搭載の4G(LTE)対応スマートウォッチ。
スペックから言うとキッズ用かと思う。Aliexpressにて注文自体はだいぶ前だけど、無事届いた。

240X240の液晶。
大人が使うには(しょぼくて)ちと厳しい。
試しにDocomo系のSIM入れてみたけど、きっちり電波は掴んだ。(使っていいのかわからんけど)
APNの入力なキーバードが小さい過ぎてどかなり厳しいけど、フルAndroidなので、根気よくやればなんとかはなる。(その分バッテリーは持たないだろうけど。)

LINE
インストールしたけど、余っている電話番号が無く確認できず。

SKYPE
この画面から進めず、ログインできない。こういった部分でMSのクオリティは低いなと感じてしまう。(AppleやGoogleではしっかり作り込むだろう)

Wechat(weixin)
こちらはきちんとログインできる。
起動直後にフォントサイズを選択するなど、こういった使い方をきちんと想定していると思う。

まだ使い込んではいないけど、お値段的(7K+)にまあ良さそう。
アプリを起動するまでが数タップ必要なので、着信専用とわりきればまあいいかな。

あずきの食パン

食パンが800円のお店があるということで、試しに買ってきた。
まあ、おいしい。(自分は食に興味が無いので)もう食べなくてもいいや。
ここ最近、乃が美の食パンをもらうことがあったけど、結局一度も食べてない。
どっちが美味しいのだろう。
どちらも「自分すごいだろ路線」で好きじゃないけど。
個人的にはシンプルなフランスパンが好き。

Vysor+UWSC自動処理メモ

とあるスマホアプリの自動巡回をしたくて、ちょっといろいろしたのでそのメモ。
サマナーなんかのダンジョン巡回とかに最適。

Android(iPhone)をPCで制御するためにVNCサーバーを探すも有料のものばかり。
中国でも使うかもしれないことを考えるとwifi環境よりも、USB接続にしたい。
結局Vysorというのを使ってみたら、やりたいことはできた。
後で知ったけど、Vysorは無料だと広告が表示されて結局Proにしないといけない(広告画面で予期せぬ動作になる。たいてい止まってしまう)。しかも支払いは195円と安いものだったけど、月額制で登録解除を忘れるとずっと引き落とされる。
Chrome ウェブストアでの購入なので、支払いに関しては問題はないと思う。
次やるなら素直に買い取り制のメジャーなVNCサーバーが良さそう。

Chrome ウェブストアの購読停止

まず先にだけど、やりたいことができたので即解約。

https://pay.google.com/
こちらから購読を解除する。デフォルトではこういったソフトは月額引き落としになってしまう。

見たところ、Vysor以外にミリシタとLINEくらいの支払いw
まあ安心。

こんな感じで解除。

UWSCメモ

だいぶ昔に、ヤフオクがスマホから出品料が無料だったのでその時VNCサーバーと組み合わせて自動出品していた。
今でもしっかり使えてなかなか良いソフト。

ウインドウサイズについて

Vysorしかりウインドウサイズが変わるものは、最初にウインドウサイズを指定した方がいい。
何かあってずれてしまうとかなり面倒なことになる。

ACW(GETID("SC 02J","Chrome_WidgetWin_1"),5,30)
ID = GETID(GET_ACTIVE_WIN)

PRINT "■幅(ST_WIDTH)"
PRINT STATUS(ID,ST_WIDTH)
PRINT "----------"
PRINT "■高さ(ST_HEIGHT)"
PRINT STATUS(ID,ST_HEIGHT)
PRINT "----------"
PRINT "■クライアント領域のX座標(ST_CLX)"
PRINT STATUS(ID,ST_CLX)
PRINT "----------"
PRINT "■クライアント領域のY座標(ST_CLY)"
PRINT STATUS(ID,ST_CLY)
PRINT "----------"
PRINT "■クライアント領域の幅(ST_CLWIDTH)"
PRINT STATUS(ID,ST_CLWIDTH)
PRINT "----------"
PRINT "■クライアント領域の高さ(ST_CLHEIGHT)"
PRINT STATUS(ID,ST_CLHEIGHT)

マウス位置の色情報取得

そんな機能があった気もするけど、よく覚えていないので自分で書いて使いまわした。1秒毎にマウスの位置とその場所の色情報をコンソールに出力。
ホント適当だけど。

WHILE 2 > 1
	x = G_MOUSE_X // マウスカーソルのX座標
	y = G_MOUSE_Y // マウスカーソルのY座標
	r = PEEKCOLOR(x, y, COL_R) // 赤の成分のみ取得
	g = PEEKCOLOR(x, y, COL_G) // 赤の成分のみ取得
	b = PEEKCOLOR(x, y, COL_B) // 赤の成分のみ取得

	PRINT "x:"+x+" y:"+y+" r:"+r+" g:"+g+" b:"+b
	SLEEP(1)
WEND

ある場所の色が白になったらボタンを押す

こんな書き方でいいのかわからんけど、さくっと
99回ループしてダメだったらスクリーンショットを保存して終了。
白の部分は、実際に取得したい色を指定する

x = 1000
y = 300
i = 1
WHILE i < 100
	i=i+1
	
	r = PEEKCOLOR(x, y, COL_R)
	g = PEEKCOLOR(x, y, COL_G)
	b = PEEKCOLOR(x, y, COL_B)
	
	// 白なら
	IF (r>250 AND g>250 AND b>250)
		PRINT "選択OK"
		BTN(LEFT,CLICK,x,y,391)
		BREAK
	ENDIF
	
	SLEEP(0.5)
	
	IF i = 99
		SAVEIMG("screenshot", id, , , , , , 70) // 圧縮率を70に設定
		PRINT "エラー3237"
		EXITEXIT
	ENDIF
WEND

というわけで、今回やりたいことは出来た。

Amazfit Verge 3.0.14.0

アップデート。
パターン認証対応になった。なんか安心。
銀聯系は使ってないのでわからん。

なかなかいい感じ。

コミケ

今回は行けなかった><

ほんとは31の最終日(アイマスメイン)に行きたかったけど、移動日でいけず。
けど、30日で、こっこさんのCD買うだけでも行きたかった。午前中完売らしいし買えなさそうだけど。

ゆくM@S くるM@S

ニコ生。いろいろコンテンツが多くてうれしい限り。

年越しカウントダウンもあるみたいだし、楽しみ。
視聴者が多すぎてニコ生をアップグレードしないと見れないみたいだったけど、ミラー配信で見れた。いいのかね。

Amazfit Vergeウォッチフェイス作ってみた。その1

デフォルト入ってるのがクオリティも高く満足しているんだけど、どうしてもセカンドタイム(日本時間と中国時間)に対応したい。
話中のときに、待ち合わせ時間など日中同時に見れるのはPaceの時とても便利だった。
方法としては以前Paceで作ったように、短針を-30度回転(時差-1h)。
というわけで作ってみた。

https://amazfitwatchfaces.com/
こちらのサイトからベースとなるものをダウンロードして切り貼り。

必要なもの
・デジタル時計(日本時間用)
・アナログ時計(中国時間用)
・日付
・曜日
・バッテリー残量

あると嬉しいもの
・歩数計
・気温(外出たら寒!とか回避)

で、出来上がったもの。通常時。

Always on display時。

大満足!とまでいかないけど、許せるレベル。
wfzファイルの場合、バッテリーなどのパーツのデザインの選択が少なく、それらを使ってうまく配置しなくてはならない。
あとは中国語版はどうしても曜日表示が中国語になってしまう。

個人的なポイントは
・AMOLEDはかなりキレイなので、特に暗めのグレーを多用したい。暗めにすると、焼付き防止にもなるしバッテリーライフにも貢献する。
・針は、内側が開いてるものにすることで、下の情報が見やすい。
・基本真っ黒のシンプルにすると、どうしてもいいものが出来なかったので、無駄なもの(AM PM)などを背景に埋め込み
・時計のフォントは好きじゃないけど、そのままにしてしまった。

もし、興味ある人がいるかもしれないので、ファイルも置いておく。

勝手に編集してもらって構いません。(というか、ネットにあるものを勝手に編集してるし。。)
ただし、短針が-30℃されてるので、.zipに直して解凍→画像ファイル編集→zipに圧縮して.wfzに戻す必要あり。
今は満足なので、タイトルにその1にしたけどその2は無いかも。

モバイルバッテリー

なんと、lightningから充電可能なものがあったので買ってみた。
USB type-c(IN OUT), USB type-A(OUT), mini USB(IN), lighning(IN)に対応。
もちろんQC3.0対応。lightningは急速充電は対応しない。5V2Aまで。

同じ10,000mAhと比べてさらに小さくなっている。
急速充電時はインジケーターが緑になるのはちょっとうれしい。

しかし!
モバイルバッテリーを充電するのに、どうしても5V以上電圧が上がらない。
一度お店に相談して、交換してもらうことになった。
ネットで買うと、履歴も残るし、店にすぐ連絡とれるし、店行かなくていいし便利。

チャリ完成

ブレーキホースも届いて完成。
フレームとペダル、チェーン以外はすべてパーツ交換されている。
パーツは単品で買っていくと、だいたい純正より良い。(剛性が良かったり、精度が良かったり。)

次は買い替えだな。

360 SE2 キッズ スマートウォッチ電池交換してみた。とか愚痴とか。。

たぶんSE2だと思うけど、SEシリーズはみんな同じらしい。
バッテリーが1日しか持たなくなったので捨てようかと思ったけど、モノ自体はすでに完成レベル。
大人用スマートウォッチなら中古で売れそうだけど、子供用はさすがに汚いし。
あと大人用は今の感じでは1~2年で買い替えと思うけど、子供用は機能はあえて限らせてるし今現状で完成レベルと思う。
ふとタオバオ見てみたら、交換バッテリーキットが売っていて、購入者もかなり多い。
さっそく注文。

届いたのは左のやつ。

ネジ4本はずせば、簡単に開けられる。
コネクタ類もないし、バッテリーは両面テープで貼り付けてあるだけ。(いい意味で)
ひとまずSIM入れて1日放置したけど、1メモリも減ってない。良さそう。

ミリシタ

感謝祭で披露した「ハーモニクス」の実装。
事前にMV見ていたけど、実装は予想のさらに上を行っていた。

なんと、アピールでマイクスタンドをぶん回す!びっくりした!すげーー

マイクスタンドなので、身長によって伸縮。なんか拡大縮小してる気もするけど、十分すごい。

スカイプというかMS

またまた嫌な予感しかしない。外観を一新とかしなくていい。。

「新しいアプリから」って、同じデバイスなんだからそのくらい認識してくれ!
日本なら問題ないと思うけど、またあれこれあって結局アカウント作り直し。。。
MSもうちょいしっかりして欲しいな。
もっとひどいのは、SAMSUNG。Galaxyのアカウントにログインしないと定期的にスマホに通知が出る。ゲームしてようが、何してようが平気ででてくる。
SIM入れ替えるたびに、必ず聞いてくる。Galaxyのサービスなんて使ってないし、PWいちいち管理するのも面倒なんだけど。。
大手のサービスだし、GoogleとかAppleくらいスマートにやってほしい。
先月課金したSpeedifyは今月も引き落とすし(どこかに書いてあったんだろうけど、アプリ側では停止が無い。)。メールはアドレス違うところから一通のみ。。
ずっと引き落とされてる人たぶん多いと思う。
こういうのが多すぎて新サービスを試す気がなくなる。
以上、いろいろ面倒だったので愚痴。

 

Amazfit Verge 新ウォッチフェイス Salkan

アップデートが来て、新ウォッチフェイスが追加された。

心拍がグラフになっているらしいけど、意味がわからん。
もうちょっとスタンダードなやつを増やして欲しいものだ。

Always on display時。発光部分が少ないので、消費電力は少なそう。

Amazfit OS 3.0.9.0 更新内容

・iOSで、ボイスアシストが改善。(Androidはすでに来てるやつ)
・新ウォッチフェイス「Salkan」
・wake up on raiseの時間設定追加(朝7:00~23:00など)
・Always on displayの時間設定追加
・NFCカードの切り替え改善。(切り替えがちょっと早くなった。)
・バグフィックス

今回はNFC切り替えだけかな。うれしいのは。

ゲーム搭載?

weiboにて、Huami(オフィシャル)の投稿。「ゲーム搭載したら嬉しい?」
痩さん「反対。いらない。ウォッチフェイス、システム、機能に力入れて」
当さん「道間違えないで!」

なかなかいい反応だw

白、ネイビーも出荷されてる

白と言っても、グレーみたい。おそらくBIPのグレーと同じ色と思う。
ざっくりだけど、黒8、白1.5、ネイビー0.5くらいで買われてる印象。
以下写真多め。適当に貼り付ける。

Continue reading

Amazfit Vergeの交通系カード試してみた@深セン

ようやく用事があったので、あえてバス乗ってみた。
しかも行き先によって料金がかわる添乗員がピコってする方。

無事対応を確認。
行き先を伝えて腕を出すと、さらっと時計をピコってしていった。
慣れてる感じを見るとApple watchとか?時計タイプがすでに使われているのかな。

その後、地下鉄も乗ってみてApp側で確認。
きちんとログが表示されてる。
気にしてなかったけど、2割引ってわりと大きいな。

ただ、オートロックと交通カードでいちいち切り替えが必要で、長めの待ち時間が発生する。
使えないよりましか。

小米小爱蓝牙音箱 随身版

本日、xiaomiサイトで予約開始。
タオバオ側ですでに予約はしているけど、念のためxiaomiのアプリでも予約した。

お金払ってないし、住所も入れてないけど、これで予約できているのだろうか??
ボタン押すだけで、予約を確認するところも無いし、取り消すところもない。
早ければ28日出荷。29か30には着だと思う。
タオバオ側とどちらかが発送された段階で、片方をキャンセルするつもり。
もしくは1台は日本に持っていくか、サイズによっては旅行用にいいかも。

4G対応キッズ用スマートウォッチ 360 7X買ってみた

双11に買ったもの。
なかなか発送されずに見てみたら先月発売の人気商品で、お店によっては予約待ちだった。
360は使ってる人も多く、なかなかのメーカー。
7Xは4G LTE対応。ボイスアシスタント、カメラ、ビデオ通話などが使えるようになった。

こんな感じのパッケージ。

左7X。右今使っているSE2。
あくまで子供用だけど、ぜんぜん良くなってる。
液晶の品質はあきらかに違う。
幼稚園向けから小学生向けになったイメージ。

液晶は若干だけど、サイズダウン。

お店の人いわく、中国移動とレントン(china unicom)の4G以外に、韓国、東南アジア、ロシア、EUだけでなく日本も対応してるよとのこと。

左フリックでボイスアシスト起動。
試しに「明日8時に教えて」と言ってみたけど、xiaomiの小愛より聞き取りいい気もする。
キッズ用なので、認識精度も甘めにしているのだろうか。
子供が使ってみたときは、音楽をかけたり計算したりなかなか使い物になっていた。

ちゃんとセットされてる。
Wifiも対応しているけど、何か意味あるのだろうか。通信量が減るくらいかな。

家族グループチャットの例。
音声もいけるし、テキストもよく使うのは選択で入る。
すごく良く出来てる。この部分はamazfitを超えてる。
スマホ側は360のapp内で使用。weixinでできたら便利なのに。
BT、WIFI対応してるし、通知も受け取れるのだろうか。
電池の持ちはこれからテストしてみるつもり。

追記
だいたい3日とちょっと使用できた。
充電もmini USBだけなのでわりと便利。

CPU Sprd 9820E 1.2Ghz
Android 4.4.4ベースだった。意外と質素なスペック。

ちょっと良くないところ

SIMが裏表どちらでも入ってしまった。最初逆に入れてしまい取れない。。
旧バージョンのSEシリーズは、押せば戻ってくるタイプだったのに。
出し入れしにくいようにしているのかもしれないけど、ちょっと精度があまいと思う。

そしてまたまたこれ

さらにひどいことになっている。

他に候補に上がったもの

Continue reading