タグ別アーカイブ: クレジットカード

ANA JCBワイドゴールドカード申し込み

とりわけいいカードというわけではないけど、申し込みしてみた。
数分で審査完了のメールが届いたので、無事発行できると思う。
カードの申し込みはひさびさだなぁ。もっと早く(半年前)にしっかりやっておけばよかった。。
もったいない。

pop_anawide_title02

ポイントはedyチャージ対応(のみ)。
中国国内線を使わないなら、JAL系の方がいいカードが揃っている。

いま見てみると、「国内・海外航空機遅延保険」なるものがあるので、よく見ていないけど何かの時に安心な予感。
その他、「ANA国際線エコノミークラスご利用の際にも、ビジネスクラス専用カウンターで余裕のチェックイン」
これももしかしたら地味に便利かも。
最近、出来る限りANAの国際線を使うようにしてるしな。

4月までに申し込んでいたら、各種キャンペーンが行われていたみたいだけど、今回はほとんど無し。
ただ、6月からよさげな券面になったので、わりとメインカード扱いするなら良いかも。

ANAカード4枚保有になってしまう。いらないANAとか漢方、デルタとか順次解約していきたいな。

マイレージプラスMUFGゴールドプレステージ改悪

1374413786839

これ知らなかったのですが、今月の2日から電子マネーへのチャージにマイルがつかなくなってしまいました。
どうやら駆け込みチャージを減らすため発表も2日だったようです。
今年に入って多くのブロガーさんとかが書き始めて、チャージ利用者が増えてしまったんだと思います。

で、次なる作戦を考えないと行けないのですが、今のところとしては
・リクルートカード VISA(チャージ用)→JALに移行可
・ANA VISAワイドゴールドカード(通常利用)

が候補かなぁ。
マイレージプラスの2%還元からANA VISAワイドゴールドカードで還元率は落ちますが、マイレージのプログラムとしてはANAの方が利便性があるしな。
けど、ほとんどのマイルをANAに統合してしまうとANAで希望の日程が取れない時に困るか。

チャージ用のリクルートカードはほぼFIXとして、MUFGはどうしようかちょっと要検討。

めんどくさいなぁ。

ヤフオクかんたん決済のカード手数料無料化

静岡に来ています。
本日ヤフオクで11%還元なるものがあって、何が欲しいかと考え中です。
実は数日前にmacbookを買ってしまったし、これといって無いんだよなぁ。

そんなこんなで、たまたま見つけてしまったのが、「かんたん決済のカード手数料無料化」。
15日から始まるみたい。

20151104_kantan_after

クレジットカード通常が0円、何かいろいろ楽しいことが考えられそうな予感。
同時に出品者負担の落札手数料が5.4%から8.64%へ値上げなので、恐らくカード決済手数料部分を落札者に負担させる代わりに出品者に負担させようと考えているのでしょう。
買う側は、お得ですね。(まあこれがヤフーの狙いでしょうが、、)
いずれにしても、カードでバンバン買ってうまく換金できればポイントがざくざく。。(これはカードの利用規約違反ですが、、)

あとは、知らなかったのですが、落札手数料の最低価格に例外があったとは。
1. 送料無料で出品して(送料負担を出品者に設定)落札された場合
2. 以下のカテゴリに出品して落札された場合
・本、雑誌
・コミック、アニメグッズ
・おもちゃ、ゲーム > ゲーム
・おもちゃ、ゲーム > 食玩、おまけ
・アンティーク、コレクション > トレーディングカード
・アンティーク、コレクション > 切手、官製はがき
・音楽 > CD
・ファッション > キッズ、ベビーファッション
・ホビー、カルチャー > ハンドクラフト、手工芸

これはこれで、うまく考えたら何か楽しい予感です。
まあけど、この恩恵を受けられるのは送料込みで625円以下の商品なので、なかなか絞られますね。

銀聯の年間上限額設定(10万元)らしい。。

先月からどうも日本でお金が下ろせないらしく、新しく中国銀行のカードを用意していました。
深センだとワリとゆるくて、ビザ無しで発行可能。しかも2枚もOKでした。(支店にもよるかも)
で、カードを持って帰ってきてから止まった理由を聞きにいくつもりでしたが、たまたまネットで発見。
どうやら年間の上限ができてしまったようです。
10万元ってことですね。今のレートで約190万。
10/1から年内は5万元らしいのですが、一瞬にして5万に達してしまったようです。
これは、カードをかなり用意しないといかんな。それか他の方法を考えないと。
さっそく後で、その逆で困ってる人と相談してこようと思っています。

窓口での書類。わりと簡単。
途中携帯にSMSで認証コードが届いたり、若干のやりとりが必要。

20151028_155202

 

なんと行った窓口はお一人複数もOKでした。
写真にはないですが、中国銀行で4枚用意した。これで年間40万元となる。20151106_100954

支払い業務の大連移管

家族も持ち帰ってきた大連向けの荷物が届いたので、さっそく大連にまとめて送りました。
ダンボール1箱。70元くらいの送料だったと思います。

で、それが到着したらしいので、本題の支払業務の引き継ぎ。
今までは、日本側のスタッフが毎日行っている処理(時間にして15分くらいか)だったのですが、こういうルーチンワークを中国に移管するととてもいい。
数日に1回は私も処理していました。
きちんと処理してくれるのはもちろん、トラブルが起きない限り一切そのことから開放される。

もともとカードでの支払いはある程度移管していたので、今回はおさいふケータイを使った支払い。(ちょっとグレーですね。。)

大連で銀行口座開設

今回、いろいろな目的のため、いくつか銀行回ってきました。
すべて通訳(というかうちのスタッフ)同行です。
ノービザでの入国なので、難しいかなと思いましたが、ほとんどがあっさり作れました。
エリアは、会社のある青泥窪橋から徒歩圏内のエリア。

20150702_162437

その1 中国建設銀行
パスポートのみでさくっと開設。ビザのチェックもなし。

その2 中国工商銀行
建設銀行と同じく、パスポートのみで開設。

その3 HSBC中国
百年城が改装中なので、パビリオンまで行ってきました。
意外や意外、住所の証明書があれば開設できるようです。
必要なのは、パスポートと住所証明。
住所証明は、他の銀行なんかで発行してもらえるのでハードルはほとんどないですね。
中国のHSBCはプレミアとアドバンスのみ。スマートバンテージでしたっけ?預金額のハードルがかなり低いタイプは無いようです。
プレミア50万元、アドバンス10万元の預金で口座管理手数料が0になります。
今回、預金額がちょいネックなので、作りませんでした。

その4 中国銀行
なんと、ビザのチェックがあり、「作れません」とのこと。
1年間の滞在(予定?)が必要なようです。
昔は、簡単に作れたので、中国銀行を筆頭にもしかしたら徐々に厳しくなっていくのかもしれません。

漢方スタイル、nanacoチャージ改悪。。。

今月から、漢方スタイルのnanacoチャージ還元率が激減しているようです。
1.75%から0.25%に。。。
これは、どうしようか。
先日申し込んだ、楽天カードはJCBなら1%で還元出来たようです。私が申し込んだのはVISA。。
とあるアンケートを見ると、乗り換え先クレジットカードが

1位 リクルートカードプラス
2位 リクルートカード
3位 楽天カード
4位 漢方スタイル(継続利用)

となっていました。
ああ、これを知っていたら楽天をJCBで申し込んだのに。。
今さらリクルートカードとか追加したくないし。
変更希望してみようかな。できるのだろうか。

楽天プレミアム申し込みダイナース解約

今までダイナースのビジネスカードでラウンジなどを利用していましたが、やっぱりプライオリティパスの方が対応ラウンジが多い&そもそもダイナースがろくに使えない。
ダイナースのビジネスカードは、3枚まで無料発行できるのでおよろ1枚あたり年会費約9000円。
まえは約7000円だったのに。。で、こちらは来月更新月なので解約予定。
ってことで、そうとう今さらなのですが、楽天プレミアムカード申し込みしました。
10分で審査完了メールが来ました。良かった。。
無事タイミングがあって受け取れればいいのですが、、
トラベルコースを申し込みしようと思ってますが、どうやら申し込み段階では選ぶことが出来ないみたいですね。
国内ホテル予約&プライオリティパス&空港へのスーツケース発送に利用予定です。
楽天での利用は果たして得なのだろうか。ここは後で要チェック。

20150525_113200

JAL・上海浦東発展銀行クレジットカード作った

Taobaoの買い付けですが、海外のカードを利用すると3%の手数料を取られてしまいます。VISAなんかの為替手数料でさらに1.63%
合計すると、4.63%もかかってしまう

今メインで使っているカードが、1マイル1.5円計算で、還元率が4.5%まで叩き出せるカードを使っていますが、それでもトントンかわずかに損してしまう。
なので、支払いはここのところずっと現金(支付宝)でした。

ということで4月に、中国で申し込んでいたカードが届いておりました
実際に使ってみたところ、タオバオの支払いで手数料なしですね。浦東銀行のキャンペーンで6元バックの特典付きでした。

JAL・上海浦東発展銀行クレジットカード

Continue reading