3ヶ月サイクルは輸出入にとって意外といいかも

最近の動きは、大連(オペレーター部隊)と静岡(発送部隊)にそれぞれ3ヶ月に1回1週間程度顔出すような感じになっている。

で、なぜこんなことをしているかというと、静岡の管理者の休みのため。
現場とは関係ない深センに住んでいるのはただの自分勝手ですが、、

土日のどちらかも発送して、週休1日なのでたまには連休をあげたいのが日本に来るもともとの目的。
で、ついでにその前に大連に立ち寄ってから、日本に来るパターンが続いています。

けど、振り返ってみるとこれはなかなかいいのかも。

中国側も日本側もバイト頼りになっているところもあり、バイトとなると業務量に合わせて来てもらっている。必要以上にバイトに来てもらっても、業務をすべて知っているわけではないので、時間を持て余してしまうので。

となると業務時間中はいつもフル稼働。

私も現場にくると手伝ったりしてしまったりで結構忙しくなる。大連は基本オペレーターなので日本語の意味がわからないとか以外は何も手伝うことがないのですが、日本側は梱包作業があるのでいつも戦場のような感じ。

それぞれきちんと回しているのですが、ほとんどはシステムに添って動くだけなので現場は改善がまったく見つけられない状況。(まあかなり突き詰められていると思うけど、、)

時々現場から離れた場所から「なんかもっと商品増えないかなぁ?」とか「在庫の欠品が多くない?」とかそれぞれの担当に言うのですが、これは離れているから言えるんだなぁと思う。現場にいたら日々アップアップになるので、きっとそんなこと考える余裕がないだろうな。
それこそ現場がそんなこと考えたら、友達言葉を借りると「自分が投げたボールを自分で取り行く
から「投げるボールが増えない」

なので、現場以外から現場の状況を無視してボール投げるのはいいことだと思う。まあ、ざっくり言えば業務が増えたらバイトを増やすだけですから。

で、現場のアップアップを見ると、「あ、こここうなってたほうがいいじゃん」っていうのがすぐに気づく。これは現場にいるときっとなかなか気づかなそう。
けど、こういった小さい改善がミスを防いだり、精神的な負担をやわらげたりとか取扱量が増えれば増えるほど聞いてくる。

というわけで、今年は(輸出は中国人スタッフまかせで)日本輸入を盛り上げつつ、しばらく今のペースで続けていこうと思っています。

20160201_184518

写真は日本側の在庫がやや増えたので、ラックを買ってきた。
A4の紙も毎回箱買いのようです。

中国輸出入・大連の状況

たまにスカイプなんかで連絡をとっていたので、特に現場に行ってもやることなし。 夕方から数時間だけ毎日...

中国輸出は何かお手伝いができるのかもしれない

深センにいると、中国輸入の話は嫌でも耳に入ってくる。 まあ、電脳市場があるので、ここから世界中に発送...

中国人スタッフの日本出張

中国で会社を作って10年近くになりますが、最初から時々口にしていた「チャンスがあれば日本出張とかある...

中国現場の状況

そうとう難しいだろうと考えていたアルバイトへの切り替えが、かなり目処がついていた。ほぼ完成といっても...

ここ数日、輸出入関係のプロの方とたくさん打ち合わせしてきました。

打ち合せというか、毎日のように飲みに出かけただけとも言えますが、、 軽くそこで得た知識を一部メモして...

中国輸出輸入の新たな問題

ちょっと詳しく数えていませんが、1日の発送数が100個くらいになってきました。 商品点数では軽く10...

ZH9633大連へ&コンテナとか棚とか中国輸出

深セン3泊だけして、大連へ やっぱ3泊だと中2日だけなのでほぼ意味ないな。ずっと家から出なかったし。...

本日、明日と発送休み

輸出入とも、日本での発送は現在2人で行っていますが、どちらも家族(片方は弟、片方は両親)が旅行に来る...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)