引越し無事完了

17日に荷物を送って、18日朝に到着。
結論から言ってしまうと、すべて想定通り(2tトラックで費用を抑えて、乗らなかった荷物はヤマトで発送)でなんとかなった。とても疲れたけど、、

朝9時から本日分の発送開始、予想外に定形外が多くて、11時から荷物の準備をしようと思っていたところ12時までずれ込む。
バイトの子が13時までという話だったけど、一度子供を引き取りに行ってうちに連れてきて15時まで延長してくれた。
引越し屋さんは14時~18時にくるという話だったけど、14時時点では3割程度しか終わっていない。
結局16時ころ到着という連絡をもらって、ひたすら荷造り。。
15時時点で、7割り程度の完成度。
なんか旦那さんが、仕事が終わって、他の子供達をピックアップしヘルプにきてくれた。これで15時のリミットが無くなる。

黙々と荷造り。。なんとか間に合って、荷物は商品関係だけギリギリ乗った。


段ボール119箱、総アイテム数124点。

翌日、乗らなかった荷物(ほぼ私物)を170サイズで3箱送った。
明日、最後にPCとプリンター1台を送って、掃除ができたらミッション完了。
明後日には東京に移動する予定。
新事務所はまだ見てないので楽しみ。

来週にはバイトも見つけて平常運転になればいいな。

ロケットストーブ

ちょうどタケノコのシーズンだし、なんか気になって作ってみた。
コンクリートブロックはカインズで購入。
なんと1個100円くらい。いいのかそんなんで。。
なんか1つあたり10㎏くらいありそうだし、輸送コストとか’考えると、どういう利益構造なんだろうとか思ってしまう。

ひとまずそれを10個買ってきて、並べて完成。

試しに何か燃やしてみる。よく燃えている気もするけどどうだろう。

予約していたトミカ。80スープラ。

子供が黒バスにハマっているので、ショルダーバッグを買ってあげたつもりだったのだけど、なんと手のひらサイズ。
そうだよな。500円でおもちゃとかのセット品だし、こんなもんだよな。

powershell Expand-Archiveが認識されない

以下、自分用メモ

メルカリに関してだけど、オークタウンっぽいCSV+画像のZIPデータから自動出品処理をするのはすでに作ってあった。
当初は公開してもいいかとも思ったので、汎用性のある方式を採用。
ただし、自分向けだとダウンロードして解凍が面倒。
おそらくアカウントを量産した場合、ますます面倒なのは目に見えているので、ダウンロード解凍処理を含めて自動化に。
ただ、1PCがWIN8のため、

Expand-Archive : 用語 ‘Expand-Archive’ は、コマンドレット、関数、スクリプト フ
ァイル、または操作可能なプログラムの名前として認識されません。名前が正しく記述
されていることを確認し、パスが含まれている場合はそのパスが正しいことを確認して
から、再試行してください。

なるエラーが。

解決方法

Windows Power Shell 5.0(Windows Management Framework 5.0) をインストールする。
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=50395
OSにあったファイルをダウンロード。

なんか、まったくインストールが始まらない。。
MSのバクらしい。
ネットをOFFにすること。

iPod touchという選択肢があったか!

今更気づいたけど、iPod touch。
今まで日本、中国ともオペレーター用(主にバイト用)の端末として、コスパの高いAndroidを用意していたけど、iPod touchという手があった。
すっかり忘れていた。
どうせSIMも刺さないし、どう考えてもこっちを採用するべきだった。。
最近、端末からシステムに直接画像をアップロードを導入するようにしていたけど、今使っている端末は画質が悪い。デジカメ初期段階レベル。
端末はなぜか最初に導入してしまったDisney mobileの同じ機種で統一していたので、そいつが何台もゴロゴロしている。。
トホホ。いくらで揃えていたか覚えていないけど、ゆっくりtouchに切り替えていきたい。


スペック見る限り、第5世代でもいけそうだけど、第六世代はかなり早そうだ。
CPUだけみたらiPad mini4と同じ。
メモリは少ないけど、ブラウザとカメラのみだったらまったく問題なし。16GBで十分。
気づいてよかったぞ。

定形外値上がり

なんか、郵便局もあれこれだめだなぁと感じる。
引越しも控えているので、郵便局、ヤマトも東京で再度契約になるのだけど、ヤマトは料金引き継ぎでスムーズ。
郵便局は、料金再計算という話が上がっていて、最初はゆうパケは無理かもと言っていたけど、なんか逆転して値下して契約。どういうこっちゃ。
とは言っても、クリックポストの方が実際は安い。
あちらは、カード決済可能だし、安いしいいのだけど、システムがアホすぎて使う気にならない。もうちょっと改善しようとは思わないのだろうか。。
やっぱりこのラベルが問題で、ゆうパケを契約している会社は多いらしいけど、どうやら「1万個発送してもクリックポストより値下りませんよ」と言われてしまった。
1万個発送する会社さんは、きっとクリックポストの方が安いけど、ラベルのシステムがダメすぎてゆうパケ使うしかないんだろうとか思う。

本題の定形外だけど、6/1から3cm以下と以上で料金体系が2倍に。


3cm以下で500g以上とか情弱意外使う人がいない地雷だと思うけど、どんな使いみちがあるのだろうか。
ポストに入らないと再配達となって、なんども郵便局員さんが足を運ぶものは値上げというのはごもっともで、この部分は最初にそういう料金体系にしたヤマトさんはさすがだと思う。
DM便は、法人契約っぽいのしかないので、大量集荷とわりとよくできたシステムと相まって郵便局より利益という意味でもよくやっていると思う。

とにかく、郵便局はすっきりさせて欲しい。じゃないとシステムが複雑になりすぎる。。

バーコードリーダー導入はどうだろうか

基本一人で発送業務をしているけど、意外となんとかなっている。
10時に始めて3時くらいに終わるくらい。途中昼飯30分。
商品がスムーズにピッキングできれば、ストレスも少ない。
あれこれ改善アイデアが湧いていて、やりたいことがやまもり状態。
そして思いついたものの1つがバーコード管理。

なんとなく輸入向け商品にバーコードをつけると、なんか少しかっこよくみえる。
AMAZONにも出している商品には一律バーコードをつけてしまう計画を考えているけど、もっと突き詰めてこの際全商品導入はどうだろう。

メリット

・なんかかっこいい

・商品間違えがさらに減りそう。
AMAZONのバーコードの下に日本語の商品名が書かれている。長い名前だと前と後ろだけにカットされるけど、例えば商品名を「iPhone7 Plus用 ****** グレー」とかになっていれば、さらにミスが減りそう。(すでにほぼ発送間違えは無いけど、、)

・入庫作業とか棚卸しが激速になるかも。
AMAZONの納品が激速なのは、おそらくこのバーコードのおかげ。

大した量じゃないけど、1分で終わっている。
開発は必要になるけど、保管する箱にもバーコードをつければ、箱をピッとしてから、商品をピッピッピッとしてけば入庫完了。棚卸しも同じ要領でいけるのではないか。

デメリット

・ラベルを作って貼らないといけない。
ラベルプリンタとか駆使すれば多少ましなのと、中国倉庫にはそこそこまとまって入るので、日本でちまちま貼るよりは効率的。
ただ、全商品とかなると膨大な量だ。
あとは、中国で貼るとなると貼り間違えを考えると恐ろしい。。

・ラベルを貼るためにパッケージ化しないといけない。
パッケージ化するとかさばるものは、袋にぐちゃぐちゃに入れて管理したりしているので、これをパッケージしてかさばるのも考えもの。
その他、ラベルより小さなものなんかも、最低ラベルが貼れるサイズにしなくてはならない。
ラベルありと無しを混在させるのも、効率を考えると無駄だしどうしよう。

ひとまず、タオバオでは激安なので一台買ってから考えようと思う。

引越し混んでるじゃん><

部屋が決まったので、のんびりしていたら引越し業者の手配をミスってしまった。
というか、3月中から4月中までが繁忙期らしいのでしっかり準備しても結局結果は同じと思う。
ホントならもう引越し完了していてもおかしくないスケジュールで考えていたけど、結局最短で4/7、繁忙期を避けると4/17。
同じ作業でお値段倍くらいなので、ここは日本滞在を伸ばすことにした。
フルヤマト宅急便(カテゴリ毎宅急便で送って1週間くらいかけて徐々にで切り替える)というのも候補に上がったけど、さすがにやめた。
それでも一部ヤマトは使うつもり。
わりと大きめな箱で、20箱送って1万円なので、200箱送っても10万円。200箱もないだろうとは思う。
初の、(基本)自分だけの発送業務が待ち構えているので、前向きに捉えて改善のいい機会とする。
日本側スタッフはすでに東京に行っていて、しばらくぶりの長期休暇でいいかと思っている。
あー、いろいろ進むといいなあ。

写真はおねがいした引越しのサカイ。
なにげに今回で4回目の利用。

AMAZONいろいろ楽しくなってきた

FBAに納品したまま商品登録が完了していないものが数十個あるのだけど、AMAZON向けの写真がなかったりとかでなかなか進んでいない。
ノルマ10SKUで送料無料なので、簡単に達成してしまうけど、その後の処理が確率していないのが問題。
それでも進めたものがいくつかあって、勉強になっている。
プラットフォームが変わると、よく理解してあれこれ切り替えないといけない。

1.売っちゃいけないものがある。

なんか別になんてことない商品だけど、停止中になっていた。
どうも、AMAZONでは売ってはいけないものらしい。AMAZON内で検索してみたら、やっぱり同じような物が全部消えていた。前は確かにあったのにな。
よくわからんけど、返送も高そうだし破棄しようと思ったら、どうやら破棄10円。返送51円!?


返送代のほとんどをAMAZONが持ってくれてるようです。
なんだかすごいな。ほんとかな。
というわけで、1点だけだけど、返送依頼してみた。

2.スマホから出品してPCからFBA納品

これやるとエラーが起こるっぽい。停止中になる。
バーコードがあるものは、スマホでと思っていたけど、あまり良くないのかな?
商品編集から、何も変更無しで再度保存で復活した。

3.FBAで無くなった場合の補償がやばい

たまたまだけど、納品した商品が1つだけなかなか反映されない。
AMAZONに問い合わせたら、どうやら無くなってしまったらしい。
ちょうど1,200円で販売予定だったものが、補てん金額: 12000円とかいうメールが来た。
これ桁間違っただろう。AMAZONらしくないと思ったら、カテゴリごと補てん金額が決まっているらしい。
ホーム&キッチンは一律12,000円らしい。ラッキー。


ほんとに支払われてる。
この価格設定とかAMAZONは無くさない自信があるんだろうな。無くなったけど。

4.マルチチャンネルっていいのかも

ほとんどの商品がFBA手数料が329円になっている。
ということは、送料329円を超えるものは、全部AMAZONに送ってしまってマルチチャンネルの方がオトクなのかも。
在庫スペースも減らせるし。
これは要調査&要検討。

5.AMAZONが乗っかってきた。

乗っかってきたというより、おそらくAMAZONの在庫が切れてその後復活したのかも。
国内仕入れ商品だけど、十分利益が取れてAMAZONも取り扱ってないのを確認していたのに、ふと見てみると最安値はAMAZONだった。
これどうすりゃいいんだろう。しばらく放置のつもり。

そうそうにAMAZONを自動で回るようにして、メルカリ強化したい。

中国輸出入雑記

引っ越し(日にちはまだ未定)まで特にやることがないのだけど、微妙な日数なので家に帰らずそのまま日本にいる。
アルバイトさんが来てくれると、ほとんど手伝うことも無く、ほぼ午前中に発送処理が終わっている。
ただ、見ているといくつか気づくことがある。

1.そこそこ長くやっている人でも梱包が安定しない。

梱包が安定しないというのも変だけど、たまに無駄なことをしている。
アルバイトさんはアルバイトさんなので、購入したお客さんのことを考えるわけでもなく、梱包コストなんかも考えるわけでもなく、ただ無難に処理している。
悪いことをしているわけでもなく、むしろ真面目にやってくれている。
ただ、せっかく用意した梱包資材を使ったりしていなく、今更「え!」って思うことも多い。
あたらしい梱包資材は、コスト削減ではなく、梱包時間削減&購入者の満足度アップなもの。使って欲しい。。
というわけで、梱包中とか梱包後とかの写真を保存できるようにした。
今は輸出商品のみ。

2.なるべく簡単にしないといけない

本来であれば、「完了」ボタンを押すと次の商品が表示されるだけだったのだけど、今は輸出向けで、「確定重量」「箱情報」「袋情報」「その他梱包メモ」「梱包画像アップロード」「商品画像アップロード」「次へ」「前へ」が表示されている。
慣れている人は便利な半面、アルバイトさんには機能というかボタンが多すぎるみたい。
やはり減らさないといけない。
そういうわけで、新たに「設定」ボタンを作り、「設定」を押すと必要な時だけいろいろ表示されるようにした。

輸入向けは、「完了」「次へ」「前へ」「直接飛ぶセレクトボックス」「カテゴリSKIP」ボタン。まあ、けどこっちは最小限か。すべてのボタンはよく使うし。
ただ、ここに輸出と同じように梱包画像アップロード機能をつけたい。
きっとこれさえつけば、より初心者の方でもスムーズにできるようになるはず。

3.先読み機能が欲しい。

今処理している注文を表示中に、次のオーダーを先読みして、完了時にすぐ次が表示されたらいいなと思う。
今は実装していないけど、ほんの数秒がもったいない。
けど、これは大変だろうな。いい方法が思い浮かばない。

4.画像多すぎかも

あれこれ画像が増えてきていて、システムに登録されているものがタオバオの商品画像1個、商品画像8個、予備画像8個、AMAZON向け画像(白抜きなど)4個、中国側パッケージ画像4枚、日本側梱包画像4個の合計最大29枚も登録できるようになっている。
なんか数RMBの商品にこの画像数はやりすぎかもな。
梱包画像はスマホから2タップ(カメラ起動、OKで反映)のみなので、こういった簡単で便利になるものはどんどん採用していきたいと思っている。

全然関係ないけど写真はサービスエリアのガンダムショップ。
サービスエリアはたまにランチに。

輸入ver1.7 タオバオ買い付けの発注書機能

今回日本に来たサブイベント「卒園式」ミッションが無事終わった。
メインイベントの引っ越しまで、あれこれボトルネックの改善と新しい部分の構築を進めたいと思っている。

発注書機能

ボトルネックの1つ「欠品」については、コンテナ買ったり作ったりとかがいい感じなのか、最近買い付けと在庫への反映がスピードアップしている気がする。
更なる処理能力アップのために、ここらへんの機能追加。

まずは、買い付けだけど、ver1.3で追加した買い付けシステムがうまくいっているようで、ほぼすべてが発注済みになっている。
ここで、買い付けたものの在庫への反映がネックになっているので、届いたものをすぐに在庫に追加できるように発注書を作った。


Ajaxにて、ページ推移することなく、さくさく在庫の補充ができる仕様。
さらに、過去の検品時の問題や、その時の処理方法。日本側で見つかった問題、梱包するための情報などがすべて一覧表示できる。
例では過去何も問題が無いし、特に梱包情報も入っていないけど。

最終的に、これらをiPadあたりやスマホ対応してバイトさんが一件ずつみれるようにしたいと思う。

その他

スマホ管理画面から、直接カメラ起動、画像アップロードがかなりいい感じなので、今後それらも取り入れたい。(今テスト段階)
これができたら、パッケージ後の写真や、面倒なものはパッキングまでの過程をアップしておけば、熟練度の低いバイトさんでもあまりレクチャーすることなく実践投入できるようになりそうな予感。
サーバー容量がもっとあるなら、動画をアップしてしまっても良さそう。
youtubeなんかに入れるのもいいけど、商品はもちろん発送先とかの個人情報とか写り込んじゃいそうだしな。
サーバーの容量は年々増えるだろうし、近い将来動画で保存とかあたりまえになりそうだな。