構想、アイデア、やること

このページは、適当に足したりする

全体的な方針

・売上が増えたのに経費(家賃とか人件費とか)で消えるは避ける
・システム化、スマホ化、より簡単に(特にバイトさん外注さん向けはスマホ対応にする)
・大量(10万SKU)
・全自動を目指す
・効率(効率化のために初期投資をしっかりする)
・マルチプラットフォーム(在庫共有、自動在庫反映)
・日本側と中国側の管理者以外はできるだけバイトと外注、システムで仕組みを考える

中国輸入

日本側

・棚とか箱とか追求して収納をより効率的に。
・ヤフーショッピング在庫夜間自動同期(在庫以外も)
・商品写真2バージョン、タオバオ画像の仕組み(もっとバージョン増やしたい)
・AMAZONヤフーショッピング、商品仕様変更対応
・500円商品作る(ヤフーのポイント向け)。
・中国側FBAラベルシステム変更(自動生成に)
・売れない商品、不用品の処理確立(1円出品?)
・梱包時のスマホ画面に、袋等の情報を表示。
・定形外の梱包時に自動重量選択→後納表自動生成。
・AMAZON商品登録方法を確立して大量出品。売れないものは在庫戻して自己発送に切り替え。を自動化。
・ヤフーショッピングの商品がある程度そろったらメイクショップ、BASE等も始める。
・外国人のアカウントが作れるサービスは、さらにアカウント量産ができるのではないか。
・送料380円以上の大きい商品は、FBAのマルチチャンネルに移行したい。
・ヤフーショッピングの注文をリアルタイムシステム反映(メールトリガー、要注文API):だいたい済み 2018/4
・定形外1ラベル化(後納、発送元):済み 2018/4
・ヤフオクネコポス対応:済み 2018/4
・棚卸しをバーコード&スマホ ハンディーターミナルで:済み 2018/4
・DM便1ラベル化:済み 2018/3
・ヤフーショッピングリアルタイム在庫反映:済み 2018/3
・入庫処理バーコード対応:済み 2018/3

中国側

・各種中国側でパッケージ化
・棚卸しをハンディーターミナルで
・写真撮影バージョンを増やす(現在2バージョン)
・FBAラベルを自動生成しラベルプリンタで出力
・不良品処理確立
・ラベルプリンタ変更(熱転写&300dpiにしてラベルをより小さく):済み2018/4

中国輸出

ひとまず今輸入に力入れて、それからテコ入れ

以下、過去のもの(2018/3以前)

ごくごく個人的なアイデアメモです。

1.セブをフロントに英語圏展開はどうか?→深センで中国人を雇ったほうが、人間的に良い。

2.現在の輸入システムのアマゾン直結

3.東京に移った場合に、大量販売商品を静岡に残すのはどうか

4.代行システム(友人と協力)

5.アマゾンリサーチツール開発&一般公開

6.輸出用AMAZON検索システム
キーワードから検索、プライム、アマゾンが販売、評価などフィルタリング機能
販売商品、却下商品をDBに保存して、同じものは表示しない
販売予定商品は、バイト用に素材DL機能(ゆくゆくは自動翻訳、自動透かしなど)