月別アーカイブ: 2015年2月

マカオから深セン到着

蛇口のフェリーターミナルから電車とタクシーで、いつも使っているサービスアパートメントに到着しました。
香港-深センと違い、マカオ-深センは遠かった。。
マカオ20:45のフェリーに乗って、結局部屋についたのは、ちょうど0時でした。
サービスアパートメントの大家には、予め部屋番号とロックNOを聞いていたので、そのままチェックイン。
今の部屋は、鍵が無く暗証番号になっています。
家族が大連に行ってしまっているので、懐かしいような寂しいような。
まもなく旧正月なのでエアチケットがとれず、元旦の19日まで一人で滞在予定です。
引きこもって、仕事でもしようかとたくらんでいます。
乗ったタクシーが電気自動車だったり、地下鉄の表示がわかりやすかったり、他の東南アジア諸国に比べ中国も進んでいるなと感じます。

初マカオ

マカオ在住の友人が空港まで来てくれるということで、何も調べずマカオ入り。

Kさんありがとうございます!!!
初のマカオでしたが、結論から言うと今回一番びっくりです。
なんかありえない光景ばかり。(タイとかはもう慣れているからかもしれませんが、、)
空港は小さいですが、空港には各種無料バスが待機。
私達はベネチアンのバスに乗り込んでベネチアンに。
わずかな時間で到着し、その光景が驚きます。
台北で充電を忘れていたので、そうそうに携帯の電池がなくなってしまいした。
空港が空いていることもあって、飛行機降りてから30分後くらいにカジノができそうです。
その後も、あれこれ回っていくつかお酒も飲みまわろうとしたのですが、この後深センのホテルをとっているようなので、そうそうに切り上げ。
深センまでフェリーを使いましたが、8:45が最終のようでマカオ滞在は一瞬で終わってしまいました。
ベネチアンからフェリー乗り場も無料バスがでていて、それで移動。
フェリーは、一般席は満席、SUPER CLASSというのしか無く、376HKD。高い。。
香港のイメージで夜10時くらいまで、マカオにいれると思っていました。マカオ深センは遠いですね。。
余談ですが、マカオのフェリー乗り場のイミグレの態度はひどいですね。
フェリーを使って深センに行くのは、ほとんどが中国人かもしれませんが、私の知る限りあれは一番ひどいです。
斜めに寄りかかって、ガムをかみながら不機嫌そうにパスポートをぽいっとやるとか、あれはやりすぎだと思う。
マカオのフェリーのイミグレはもう通りたくないです。。
他が洗練されていただけに、なんか裏の顔を見てしまったような。。

20150208_170959 20150208_173633 20150208_174146 20150208_175730 20150208_180737

台北からマカオ BR811ビジネスクラス

こちらもビジネスクラスでしたが、早めに出てよかった。。
行きに来たバス停で台北桃園空港行きのバスを待っていたのですが、まったく来ない。
50分くらいまったというか、いろんな人に聴きまくってうろちょろしたのですが、まったく見つからず。
最終的に、無理やり「空港」と書いてあるバスに乗り込み、なんか途中で降ろされて、そこが本当のバス停だったようです。(あぶなかった。)
台北はみんな親切なので、救われました。バスの運転手と他の人達に助けられました。
ご迷惑かけてすんません。
下調べなし&ネット環境なしは厳しいですね。。
しかし、この路線のビジネスクラスはかなりしょぼいですね。
エコノミーとほぼほぼ変わらないです。
ビジネスに乗っている方が、若い女性が多くてびっくりしました。

1423385375203足元がこんなに狭い。。

SPG上級会員

今回一緒にKL入りした友人の中にSPGの上級会員が二人いた。
一人はゴールド、一人はプラチナ。
香港やセブではSPGの恩恵を受けることは無いと思うけど、KLではそのすごさに驚きました。
ちなみに、香港のSPGホテルは高すぎ、フィリピンはSPG系列ホテルは無いと思います。

ふたりとも、SPGアメックスは持っていて、基本はALOFTが安い大連で宿泊を稼いでいるみたい。
プラチナまで行ってしまうと、SPGアメックスはほとんど意味ないみたいですね。
あまり使わないけど、地味にクロスリワードのデルタの優先チェックインなんかはいいかも。

特にKLでは、ホテルの缶ビールが800円くらいしていたし、全体的にSPG系列ホテルが休めなので、もっているだけでかなりお得。
二人でハッピーアワーのアルコールと食事でホテル代はペイしそうです。
プラチナは、シェラトン、ルメリディアンともにスイートになっていました。
ゴールドは、部屋は少し良くなっていて、シェラトンではクラブルームへのアクセスと朝食がついていました。

というわけで、私もかなり考えたのですが、
「家族がいることが多いので、ホテルよりもサービスアパートメントの方が快適」
なのでいらない。が結論になってしまいそうです。

ただ、もし独身だったら、、
大連のアロフトもかなり安いけど(今のレートで7000円くらい)、アロフト海陽なんか3000円切っている。
山東省の煙台と青島の間くらいの都市らしいけど、ここに1ヶ月半篭ったら一発プラチナですね。総予算15万以下。

これで、朝夜食事がでてしまったら、普通に住むよりホテルぐらしのほうが生活費が安い。
WIKIには、「海陽市は中華人民共和国山東省煙台市に位置する県級市。沿海開放都市の1つであり中国では「東方のハワイ」とも称される。」と書かれている。
ほんとかよ。。東洋のハワイは、海南島って聞いたことあるけど、、
何かビジネスアイデアがあったら、大連からフェリー&鉄道?で海陽まで行き、篭もる。
安い、快適、はかどる?でいいとこ取りなのにな。
やってみたかったなぁ。。。

20150206_133122 20150206_133534 20150206_155033 20150206_155043 20150206_155053 20150206_174714 20150206_093602 20150206_095748 20150206_093928

台北

友人とお酒が飲めればいいやと、一泊のみ。
台北は、過去トランジット1泊を2回しか経験がないのですが、高くてまったく興味が湧きません。
どちらも、タイに行くときのトランジットなので、心がタイモードなのになんだこの物価は!ってイメージです。
今回は現地にいる友人なので、1泊ですがいろいろ感じられました。
無理行って、お酒を一杯ずつ頼んで、出来る限りハシゴしてみました。
ホテルを取っていたのですが、結局友人のところに泊まったりでまったく使わず。。(もったいないことした。)
まず、物価はやっぱり高いです。私のイメージは香港と同等かちょい上です。
家賃なんかも、ほぼほぼ同じくらいじゃないかと感じました。ホテルも高いし。
同じ雰囲気のお店だと、アルコールが高いと言われているマレーシアより高いです。
親日の影響もあって、特に中国に長くいた私には、これはほぼほぼ日本なんじゃないかと思います。

20150207_205610 20150207_222704 20150207_233726 20150208_003413 20150208_020115 20150208_020254 20150208_093123 20150208_102021

クアラルンプール

私と、もう一人だけ先にKLに移動しました。
またしてもAir Asia。
マレーシア拠点なので、東南アジアでは安いし行動範囲が広がります。
名古屋の友人も同日KL入りしてくれて、現地の声をかなり聞けました。
今まで、観光で言ってた人たちの話の聞いて、マレーシアは避けていたのですが、どうやら勝手な思い込みだったようです。
マレーシアの日数を最小限の2泊にしてしまったのを後で後悔することになりました。
いくつか要点のみメモ
・お酒はたしかに高いけど、同等のクオリティだと台北の方が高い印象。
・缶ビールは最安3本10リンギットで変える。(今のレートで一本130円くらい)
・KLから車で30分くらいの場所ならセブより家賃が安い。
・話を聞かせてもらった方も、親子移住が最初のきっかけ。
・永住権は働けない。会社設立したらビザが出るので、永住権はいらない。(その人の場合は)
・マレー系、中華系、インド系がいるので、東南アジアのヘッドオフィス的な役割のビジネスがいい。おまけにAir Asiaのお陰で打ち合わせも気楽。
・思ったより都市じゃない。
・ホテルも安い。(イメージ的に大連より安いか同等)
・アゼルバイジャンは、ドルの定期預金が約20%。カンボジアを上回る。(余談)

20150206_123047 20150206_123158 20150206_124405 20150206_184913 20150206_185951 20150206_225134 20150207_111920 20150207_112154

プノンペン2回目

シアヌークビルからプノンペンに戻ってきて、今回はバックパッカーの多い場所に泊まりました。
とは言っても、セントラル・マーケットから頑張れば歩けそうな距離くらいと思います。
いつもなら使わないのですが、booking.comで部屋をとったところ、なんとオーバーブッキング。
カオサンのホテルでも私を含めて2人がbooking.comを使ってオーバーブッキングのトラブルになっている人を見たので、booking.comは使わないほうがいいのかもしれません。
現地払いなので、カオサンでは放置されていました。
プノンペンでは、他のホテルを探してくると言って、ほぼ同等のホテルを探してきてくれました。
すごく申し訳無さそうに、それでいてきちんと対応してくれるところがカンボジア人の良さです。
今回は、カンボジア初めての人たちも、人の良さに気づいたようでみんな疑ってかかったりとかが無く、楽しんでいたようです。
カンボジアはとにかく人が大らかでフレンドリーで優しくていいです。20150204_205259 20150204_210931 20150205_095108 20150205_112942 20150205_143236

シアヌークビル

友人が大絶賛なので連れてきてもらいました。
移動は、セントラル・マーケット近くの旅行バス会社。
結局貸し切りワンボックスみたいなので、1台70ドル。思ったより安い。
シアヌークビルで旅行っぽい人のパンフレットをみたら、カローラタイプ貸し切り60ドル。レクサスで80ドルでした。5時間くらいかかるし、レクサスが快適かも。。

ビーチや街の雰囲気は昔のタイの島を思い出します。
ほとんど西洋人ですね。
(私は行ってないですが、プーケットなんかは中国人にかなり占拠されているようです。)

今のところ、バイクを借りて、ピザを食べ、毎日ビーチに行く感じです。
夜は12時あたりから、数件かなり盛り上がってきます。
今すでに3日目なのですが、なんとなく歳を感じます。
(昔はビーチがあんなに楽しかったのに、、)
今でも楽しいことは楽しいのですが、なんか若い人たちの輪みたいのにはいりずらい。
むしろ、今考えるとバンコクのギラギラしたほうが落ち着いてお酒を飲める気がします。
それか、もっとロングに滞在すれば日中仕事&ビーチでランチみたいな、生活スタイルになるのかもしれません。
家族がいるので、もうこういうことは出来なそうですが、、

ロング滞在っぽいおじいさんたちもそこそこいるので、遠い将来またこういうのにどっぷり浸かりたい日がくるのでしょうか。。

20150131_133906 20150131_152131 20150131_190533 20150201_015536 20150201_132430 20150202_161345 20150203_004317 20150203_114153 20150203_131415 20150203_132648