月別アーカイブ: 2014年4月

読書とブログ

なんか、ブログを書き出したら自己中なアウトプットをしたくてたまらない感じになってきました。
おそらくキッカケは本を読み始めたからと思います。
本を読み始めたのとブログ再開と同時期です。(って読み始めて1週間もたってないですが、)

本は別に向上心から再開したのではなく、前回深夜便でiPadのドラマを見てたところ、えらい周りが迷惑していまして。。
iPadの画面が明るかったってこともありますが、40にもなったオヤジが、ニヤニヤしたり泣きそうになったりとか近くにいたら嫌ですよね。。
で、機内で読む本を探したところ、どういうわけか会社にはビジネス本以外には、恋愛小説しかなくて。。。
で、読んでみたら意外と面白い。
30歳くらいの女性の人と飲む機会は若干はあるのですが、みんな適当に生きてるんだろうなとか勝手に思ってたら、どうやらいろんな経験とか悩みとかそんなのがあるんだなと。(今までどれだけ適当に考えてるんだよって感じですが、、)
ちなみに読んだもの「今夜誰のとなりで眠る」「恋愛中毒」など。

女性の心理も面白いと思ったけど、それ以上に仕事とかプライベートの背景がよく出来ていて、なんか知らないリアルを知れる気がして面白い。

気持ちの悪い投稿になってしまいましたが、続く限りアウトプットしていきたいと思います。

「セブに出発」できませんでした。。。

結論から行くと、なんと中国を出国できず飛行機に乗れませんでした
というわけで、セブではなく今も大連にいます。

午前中に会社によって、空港に向かい、チケットを発券、出国ゲートで問題が起こりました。
どうやら、うちの子供のビザの情報が変だと。
ビザにのっているパスポート番号を調べると、どうやら2歳の中国人の女の子のようで、すでにフィリピン入りしてるみたい。
こんなの一瞬で調べられるんだ。。。
なんか、ちょうど並んでしまったゲートだけえらい遅くて、細かいチェックまでしてて嫌だなと思ったら予感が的中でした。
出国してしまえば、セブ空港ではお金を払うなり、日本のビザがあるから7日のビザ頂戴なり(日本のビザ持っている中国人はノービザで7日滞在できるって書いてあった気がする。)、最悪は日本のパスポートで入国させてとお願いもできそうな気もする。

いずれにしても、出発時間まであれこれみなさんが考えてくれましたが、中国側では入国が拒否される人を出国されられないみたい。
結局、預け入れ荷物をまた戻してきたりといろんな人に迷惑をかけつつ、出発は断念しました。

名前と日付しか確認しなかった私も悪いですが、中国の旅行会社とフィリピン大使館は何をやってるんだよこれは。そんなビザにハンコを押すな!って言いたい。
旅行会社は大使館が悪いの一点張りで、進展なし。これはよくある中国スタイルですね。
連絡取らせていただいた方に、ドタキャンの報告を入れて、チケットとホテルもダメ元で連絡してみました。
どちらもエクスペディアですが、ホテルは当日なのでキャンセルは全額の手数料。(まあキャンセルの意味なしってことですね。)チケットは、事情を説明して私の分は1万程度の手数料でなんと変更できました。嫁と子供の分は、変更できるちょうどいいチケットがなく、一度キャンセルを勧められて、今結果待ちです。

ホテルは、ドキドキしながら直接電話して交渉してみたら、マネージャーまで上がって、手数料なしで変更してもらいました。フィリピン人の暖かさに少し胸が打たれました。。
ホテル名を書きたいところですが、ゴネる人がいたら迷惑かと思うので、伏せておきます。

もしかしたら、前回泊まったのが良かったのかも。
ホテルは5日間でとってましたので、これはちょっとリスクですね。
数日で分けてれば、他の日程はエクスペディアでも変更できたんじゃないかと思います。
そんな感じで仕切り直しです。

セブの出国用チケット

中国人の嫁と子供の分のチケットを片道で取ってしまったんだけど、
ビザお願いした会社に帰りも買う必要とありと言われて、ちょいぐぐってみた。
え、ほんとに飛行機に載せてもらえない人とかいるみたい。(実際には空港で出国用チケットを購入してるみたいだけど。。)
中国人だとさらにチェックが厳しそうだ。関係が悪いみたいだし。

気づいてよかった。
早速、日付変更可能なANAの特典航空券で抑えておこうと思ったら、二人でサーチャージ3万+。。
急遽、エアアジア、ジェットスター、セブ・パシフィックと見てみると、
セブ・パシフィックがCEB-HKGで二人で1万くらい。
さっそくそれを抑えました。
CEB-HKGがこんなに安いのなら、セブと深センあたりを往復してもいいなとか思う。
(香港は部屋が高いからNG)
ちなみにマニラはいろいろ飛んでるけど、セブ直行便だと安いのはHKGとICNくらいかなってかんじでした。

LCCでない航空会社はサーチャージでビジネスしてるんじゃないのか?とか思う。
いよいよ明日出発します。

セブ移住します。

だいぶ、久々の更新になってしまいましたが、セブ編としてこれからまた再開していきたいと思います。

大連ベースの生活も長くなり、新たにフィリピンのセブに移ろうと思っています。
簡単な理由としては
・大連はもう飽きた
・そろそろ大連をスタッフたちに任せるのがいいんじゃないか
・(時代の変化は速くなっているのに)最近、新しいことはじめて無いな
・子供が英語とか覚えたらいいな
・飲み会とかを減らして質素に生活したい
・チャンスがあったら新しいこと始めたい(起業もあり?)

とか、そんな理由です。

前提条件
・私、嫁(中国人)、子供(中国日本のハーフ、もうすぐ3歳)の3人で行く
・月15万円くらいで生活したい
・当面質素な生活で、主にはフィリピン人の友達を作りたい(中国でもろくに中国人の友達作らなかったので、ムリだろうな)

嫁が無理!っていったら2ヶ月くらいで戻ってしまうかもしれません。
中国人はビザ必要で、59日のビザを取っています。私はノービザ。

おそらく暇するだろうから、セブで感じたことを書いていきたいと思います。
いつか、自分と共感できるような方が、セブや海外に行くきっかけとして少しでも参考になればと思っています。(世界ローカルの趣旨です。)