カテゴリー別アーカイブ: ブログ(深セン)

PCモニター買った。

今回の深センは少し長い予定なので、モニター注文。
モニターなんて買うのは久しぶりだ。
大連には大量にあまっているけど、すべてHDMI対応していない。
macbook airだし、Dex Station試してみたいしHDMIは必須。
20インチ程度でいいやと思ったけど、少し予算を足すと大きくなるの繰り返しで結局32インチを買ってしまった。
SFの送料15元。なんでこんな安いんだ。。。

到着。デカイ。。。
夜眩しすぎる。。明るさを最小にして、Windowsの夜間モードでいい感じに。
夜間モードなんて初めて知った。
拡張モニタにした時に、なんかウィンドウのリサイズなんかでもたもたするけど、こういう部分はMAC OSの方が良くできているな。

メモ
32インチあたりを買うならフルHDでは情報量が足りない。
2560×1440あたりとかいっそ4Kとかにしたほうが良さそう。
グラボが対応してるか知らんけど。

さらにメモ
音が出ないと思って店に聞いたら、スピーカー内蔵ではなかった。
モニターに外部出力があるからそれ使ってとのこと。
スピーカー付きにすれば良かった。。コンセントが1つ余分に消費される。。

Dex

Dex(正式名称か知らんけど)。これやっぱすごい。速いし、未来を感じる。そしてシンプルイズベスト。

スマホがタッチパネルになるので、ひとまずはマウスいらず。
キーボードは必用なので注文した。
Bluetoothのキーボードだけど、今はマルチでペアリングできるのもあって便利そう。
次のマウスはマルチペアリング対応にしよう。

PC持たない人達は、もはやこれでいいのではないだろうか。そんな人達はこれすらいらんか。。

ビリビリ

Androidにはインストールできていて、iPadにはgiligiliなる変なアプリでしのいでいた。
最近見れないのが多くようやく本気でインストール。bilibiliもWEB版は再生できないのが多い。
昔インストールした人は、日本のapp storeでもインストールできたみたい。なぜか子どものiPadには入っている><。

一度、iPadでサインアウト。

ビリビリのサイトからアプリページへ。

itunes storeの国を切り替えろと出る。

apple idの新規アカウント作る。(メールと現地の電話番号それぞれに認証コードが来る)

インストールできた。

アカウントを戻す。

ビリビリ最高!
日本のストアには無いのになぜか日本語。(アプリ内はもちろん中国語)
こんな簡単ならもっと早くやっておけば良かった。
よくわからんけど90日ルールとかあるので、注意。

SF express(順豊)使ってみた。

なんか文字で書くと変な感じだな。シュンフォン。
日本から大連管理者用PC持ち込んだけど、送るのなかなか面倒で今になって送った。
大連チームは、国内発送でたまにSF使っているけど、自分では初めて使った。高いし。。

集荷にしようと思ったけど、梱包資材無いしマンションの1FにSFが入っているので裸で持ち込む。

PC、ACアダプター、あとちょっとした物。
ちょっとごついスマホみたいなのはSFのハンディスキャナー。
読み込む場所が無いけど見ていたらカメラでQRを取っていた。
反応速い。
スマホアプリはいろいろ試したけど、この速度は無かったな。
バーコードよりもQRの方がいいのかもしれない。

梱包してくれる。
この後、木枠まで組むと言っていた。
「木枠はいらないから安くして」と言ったけど、「ダメ」と言われた。
さすがSF。
そのかわりお値段総額147元。普通の3倍くらいか。

こんな規模でもベルトコンベアでひたすらトラックに荷物が積まれていた。
ヤマトの営業所とかではこんな光景見たこと無いな。

小米AI音箱買ってみた。xiaomi

中国にいるのに、google homeを使うのもアレかと思って小米のスマートスピーカーを買ってみた。
深センなので翌日着。お値段3000+くらいか。

箱的にはgoogle home mini。本体含め少し大きいくらいか。

ほぼ、何も入ってない。QRでアプリ落とせくらい。
世の中こういう方向かもな。

こんなスペック。買ったのは右。
Cortex A7クアッドコアとか原価いくらなんだ。

以下、感想。

・音はgoogle home miniよりたぶん良い。低音出ないのは同じ。


・アプリをアップデートとかしていたら、急にQQ音楽が現れ使えるようになった。これはうれしい誤算。なんで販売ページに書かないんだろう。
・ただし、QQ音楽のプレイリスト等は引き継がず、最初から構築しないといけないっぽい?
・当然ながら中国語オンリー。「小愛同学(ショウアイトンシュエ)」と呼びかける。
・マルチアカウントは対応していないかも。別のアカウントをくくりつけると前のやつが解除されてしまう。ちょっといただけない。
・やっぱ意外と楽しい。ママ友が遊びに来たけど、すごいすごいと言っていた。
・AUX出力がほしいけど、apple、google含め無しの方向なので仕方がないな。

以下、さらに思ったこと。

中国が壁で遮断しているということもあるけど、国産メーカーでこれを作るのはやっぱすごいことだ。
ハードの完成度ももはや高レベル。(3000円+のハードと考えると日本産よりしっかりしている。)
ソフトの面でも、もちろんSpotifyなんかもなく、すべてが中国アプリで成り立っているとか考えると将来が怖いな。
国益を守るために遮断しておいて、国内企業につくらせるという流れはもはや正しいのかもとさえ思う。
国外のIT系で中国に浸透しているものとしてはAppleとMSだけじゃないかな。

ヤフーショッピング注文APIの詳細取得など@深セン

ヤフーショッピングのAPI周りがなかなか完成していない。
相変わらずの商品数3で、それでも注文が入ると少し改善みたいな進み具合。優先度低。
一部は対応できているど、突き詰めたい。
請求書、明細書、領収書なんかの項目があったり、請求先を別指定など、面倒な部分もある。ネットショップならあたりまえか。
ただ、終了してしまったヤフオクAPIと違って、

ショッピングAPIはいろいろ更新されててやる気を感じる。
注文APIでハマった部分として、リクエストパラメータの指定が他と違う点だった。
XMLでデータを投げないといけないらしい。(そんなの初めてだ。)

$headers = array(
	'Authorization: Bearer '.$access_token,
);

$url = 'https://circus.shopping.yahooapis.jp/ShoppingWebService/V1/orderInfo';

$xml = "<Req>
<Target>
<OrderId>{$seller_id}-{$orderno}</OrderId>
<Field>OrderId,SellerId,OrderTime,PayStatus,SettleStatus,ShipStatus,ShipMethod,ShipMethodName,ShipFirstName,ShipLastName,ShipZipCode,ShipPrefecture,ShipCity,ShipAddress1,ShipAddress2,ShipPhoneNumber,ShipSection1Value,ShipSection2Value,LineId,ItemId,Title,SubCode,SubCodeOption,Quantity,OriginalPrice,UnitPrice,NeedBillSlip,NeedDetailedSlip,NeedReceipt</Field>
</Target>
<SellerId>{$seller_id}</SellerId>
</Req>";

$options = array('http' => array(
    'method' => 'POST',
    'header' => implode("\r\n", $headers),
    'content' => $xml
));

$contents = file_get_contents($url, false, stream_context_create($options);

こんな感じ。

商品検索APIは使ったこと無いけど、ヤフーショッピングの開設無しでも使えて、ストアIDから商品リストを引っこ抜けるみたい。
これベースでリサーチツール作るのもありかも。(というかすでに一部の人はやってそう。)

OpenVPN

だいぶ安定。快適。

タスクバーにアイコン表示したら、つながっているのか確認できて便利。
家にも対向で置いて無線の一部だけ常時接続にしたら、google homeとかyoutubeとかprime tvとか快適だろうなぁと思うけど、子どもの環境として良く無さそうなのでひとまず見合わせ。
家ではTVに電源すら入っていない。

羅湖大酒店の裏

こんなところにXXしに行く。たぶん有名。

ランチ。たしか50元。

スーパー。セルフレジが導入されてるっぽい?

オンライン英会話

コスパがやばいと思って半年くらい前から(子どもが)続けているけど、今回英会話を聞いているとレッスンをまったくやっていない。
いつもなら自己紹介から始まって子供向け教材のレッスンを始めるけど、自己紹介のままなにやらずっと話し続けている。
よくあの少ないボキャブラリで会話というか時間を潰せるもんだ。
「おい、レッスンやれ!」と言ったところ、「もう時間が無い」と言われてしまった。
子供とほとんど会話をしていないけど、なにげに日本語もしゃべれるようになっているのはどうやら暇さえあれば、おばーちゃんにスカイプしているのが原因っぽい。
これは(おばーちゃんの安否確認とかボケ防止とか)いろいろ感謝だけど、デジタルネイティブっていうのはなんだかすごいな。
しかもバイリンガルとかトリリンガルみたいになったら、それこそ将来楽しそう。
いいな、今の世代。

4Dパズル LUNAR LANDER

なかなか組み立てむつかしかったけど、かなりの完成度。
これはみんな買ったほうがいい。

 

熱転写プリンタ設置完了 GP9134T

香港到着していきなりのプリンタトラブルで、先延ばしのつもりだったけど設定した。
原因は、新プリンターを設置したことで、同じメーカー(Gprinter)が問題?だったのか、旧プリンタが使えなくなってしまったらしい。
なんかミスったんだな。

初の熱転写プリンタ。ラベルサイズを変更して、さくっと遠隔でプリント。
事前購入していたラベルサイズは25X20mm。
Teamviewerさまさま。

あれ?3列だ。
熱転写の場合、インクリボンが必要なのであまり幅が狭いともったいないからだろう。

気を取り直して、微調整。
ChromeからHTMLでプリントだけど、ポイントはすべてpxとかではなくmm指定。
左は旧サーマルプリンタ(なんか左にずれてるぞ、、)。右が熱転写。
Made in China表記の混在対応にした。
なんとなく字がくっきりしている気がするけど、どうだろう。
実物見れないので詳細は不明。
解像度も高くなったので、さらに小さく印字して問題なければ商品名も入れられる。

収納ケース

「こんなの届きました」と写真がきたけど、なんだっけなこれ。

あ、これだ。
商品の収納を改善していこうと思って注文した第一弾。
縦に積めるので場所の有効活用ができるのと、引き出しタイプでアクセスしやすいと予想。

さらに縦横同士固定できるのできっといい感じと思う。
3個買ったので、使えそうなら徐々に増やすつもり。
サイズも何種類かあるので、いろいろいいはず。

 

マクロレンズ買ってみた

お店から大連直送なのでまだ届いていないし実物当分見れないけど、、

口径52mmって、マイクロ一眼レフとかレベルじゃないだろうか。
前回、人からもらったマクロレンズを大連に置いてきたけど、かなりの倍率なのか1cmくらいまで近づかないとピントが合わない。
そこまで近づく必要はほぼないので、なるべく倍率低めのものを選んでみたけどどうだろう。
こういうところは、最初にしっかり準備しておくべきだったな。
性能が楽しみ。

家族サービス

以前飲みの席でお会いした方に、輸入興味あるのでいろいろ話を聞きたいと連絡を頂いた。
どうしても昼間が希望とのことで何かと思ったら、その方は、夕方から安室ちゃんのライブに行くらしい。
ああ、そうか。深センでやるっていってたな。ああ、行きたかった。。。

すでに、外に出てしまって家族サービス。

最近はだいたいチャリ。

よくできたピカチュウだったけど、頭と体が別々に歩いていたw

4Dの映画みたいなぁ。しかし、見れそうもの無かった。

ラ王。大連でだいぶ前に「出たよ。おいしいよ。」と聞いていて、何度も買うけど結局食べる機会が無くて人にあげてしまっていた。
マンション下の売店にあったのでようやく食べれた。
まあ、こんなもんか。中国のカップラーメンは麺が少ない気がする、、

PHP POSTで大量の変数が送れない

朝、電話で起こされ、やはり小さなトラブルが発生。
ヤマトにアップロードする宛名データ(CSV)がダウンロードできないらしい。
一度、画面上に全件出して調整してから、ダウンロードボタンでDLするようになっているけど、どうも200件以上でダウンロードできないみたい。
今まで200超えることは無かったのだろうか。。

原因、max_input_varsの初期値が1000になっている。
郵便番号、住所、名前等で1件あたり5項目あると、200件で1000になる。
201件目でmax_input_varsの制限に引っかかっていたようだ。

PHPファイルに

ini_set( 'max_input_vars', 10000 );

ではダメだった。
iniファイルを書き換えるのも面倒なので、.htaccessに追記

php_value max_input_vars 10000

で解決

ヤフーショッピングその後

未だ3商品しか登録してないけど、ちょこちょこ売れる。
そのうち1つの商品は

1バリエーションを残して完売。
これはちとやばいな。ヤフーショッピングに期待したくなる。

ハンディーターミナルとか中国輸入の路線とか

ハンディーターミナルっぽいもの買ってしまった。なんともかっこいい!
よく知らないけど、「ハンディターミナルとは、片手で持てる手軽なサイズのバーコード情報を読み取ることに特化した端末です。」となっているので、たぶんあっているだろう。
この分野中国強いんじゃないか?
日本のハンディーターミナルは20万くらいして、それぞれの言語でシステム開発が必須だけど、中国ではAndroidベースで、3~5万くらい。システムはアプリとしてろいろダウンロードできる。もちろん開発も可能。
宅配会社の人達はもれなく持っていて、事業者に応じたアプリもダウンロードできるようだ。
これは、中国ではメール文化を飛び越えてメッセンジャーだったり、PCを飛ばしてスマホアプリだったり(ここは若い人達は日本でも同じかな)、独自OSとかを飛ばしてAndroid OSだったりから来る発展ではないだろうか。

タオバオで購入。素晴らしい配送スピード。深センのいいところだ。

Android 5.1ベース。4インチ液晶。クアッドコア。もちろんSIMフリー。
QQ音楽入れてみたけど(おぃw)、バーコードリーダー+テンキー付いたゴツい(耐久性重視)スマホだな。
イヤホンジャックは無いけど、Bluetoothスピーカーは行けるだろうw。
届く前は、スマホとして使用してもいいかもと思ったけど、ゴツすぎてだめだ。細めのパンツではポケットに入らない。
日本のアルバイト用システムでテストしてみたけど、何も問題なし。
OSをまたいでハードをリプレイスしても何も問題が無いというところは、WEBシステムの強みだ。

スキャナー部分。ストラップもあって持ちやすい。

中国輸入の路線

今年は少し拡張路線を取りたいと思っている。
どこまでできるかわからないし、途中で方向性が変わるかもしれないけど、方針。

・10万SKUを目指す。
・日本在庫は最小限に減らし、在庫切れも無視する。
・更に小さく軽い商品に絞りこむ。
・効率化とシステム化を追求して可能な限り全自動を目指す。
・いろんな人と協力し、販売者やプラットフォームを増やす。
・家賃の安いところに配送センターを作る。(ここはだいぶ先だな)

10万SKUに関しては、大連倉庫は数倍は大きくしないと対応できないだろう。
ただ、ビル内の部屋を少しづつ借りませばいいので負担は小さい。
日本側は最小限に抑えたい。

在庫切れ無視に関しては、具体的には1週間分の在庫は日本に置くけど、その結果在庫切れになっても気にしないという路線。
理想像としては、1週間分の荷物が届いて1周間で無くなってしまい、そのタイミングで次の在庫が補充されるようなイメージ。理想通りにはならないけど。
たしかに利益損失というのは明白だけど、その利益を取るためには在庫を日本に置かなくてはならず、倉庫スペースと在庫管理にコストがかかってしまう。しかもそれらは固定費。
計算してはいないけど、今のラインナップでは「日本に余剰在庫を置くコスト>利益損失」になる可能性あるのではないかと思う。
在庫切れと言っても、約1週間で補充されるし、発送頻度を上げればさらに短くなる。
利益損失が無視できるレベルの取り扱い数まで持っていければ、きっと在庫コストの方が高くなるのではないかな。
(1,000商品在庫切れだけど、商品数が5,000点増えてるからいいでしょ的なパワープレー。)
在庫が切れた瞬間、すべてのプラットフォームで自動停止の実装が必須。

販売者と協力については、同じプラットフォームで複数出品ということになると思うので、写真をいろんなバージョン取りたい。
前回2バージョンは対応したけど、10バージョンあたりにして、撮影スタジオを10個並べていっきにやりたい。ただ、撮影のバリエーションが思い浮かばない。

ネットトラブル

大連事務所で使っているシスコのルーターが時々リセットされる。(時々と言うか過去2回目)
フルリセットではなく、WANの接続設定だけ戻ってる。
PPPoEのIDPWなんかは、消えてない。
以下メモ。

インターネットに繋がらない場合

192.168.100.1
にアクセス
SETUP→WAN→PPPoE
になっているか確認。

バーコード準備開始

まだバーコードリーダー買ってないけど、ぼちぼち準備を始める。
まずは商品に貼らないといけないので、バーコードの出力から。

いくつか規格があって、メジャーなのはJAN 13ぽい。
頭が49とか45だと日本を表すらしいけど、頭20とか社内用としても利用できるらしい。
ただ、数字の羅列になってしまうので目視把握が難しく、できたら英文字も使えるようにしたい。
ベストっぽいのはCode 128。
小さい商品もあるので可能な限り小さなラベルにしたいし、実際に読み込みを試して制度が良くなかったらJAN 13を採用しようと思う。

で、PHPからの出力。

[PHP]PHP-BarcodeとgenbarcodeでCODE128Cのバーコードを生成する


ここを参考にしたらあっけなくできた。

以下一応メモ
https://ashberg.de/php-barcode/download/
ここからダウンロードして、サンプルを動かす。→動く。
Code 128にしたところ、genbarcodeを入れろとエラー。

$ wget http://ftp.gnu.org/gnu/barcode/barcode-0.98.tar.gz
$ tar xfvz barcode-0.98.tar.gz
$ ./configure
$ make
# make install
$ wget http://www.ashberg.de/php-barcode/download/files/genbarcode-0.4.tar.gz
$ tar xfvz genbarcode-0.4.tar.gz
$ make
# make install

再読み込みすると、無事Code 128を出力できた。
IMGタグで、

<img src="barcode.php?code=XXX&scale=2&mode=png&encoding=128" />

で出力できるお手軽さ。

あとは、ラベルプリンタサイズに調整でOKだな。

ちょっと遊んでみて、普通にJANがいいのかと思ってきた。

不明はautoで出したので、なんだかわからんけど、サイズを考えると英文字はやめてJAN 8あたりが正解と感じる。
まあ、ラベルプリンタもバーコードリーダーも無いので読み取りに関しては不明だけど、デフォルトこのサイズで出力されるってことは問題ないっしょ。
JAN 8だな。
genbarcodeは不要だったか。

インパクトドライバー

全然関係ないけど、やっぱこいつサイコーだ。

前のは大連においてあるので、10年ぶりくらいに買ったけど、全然小型化されているし、軽いしもうとにかくすばらしい。
収納用の箱自体も前回のやつより半分以下になっていると思う。
喫煙スペースがこういった物を置く倉庫っぽくなっているけど、タバコ吸うたびに眺めてしまう。
いいなー、かっこいいな。

ヤフーショッピング続き

やっぱ、ヤフオクなんかと違ってかなり簡単だ。
FBAなんかも無い分だけ、AMAZONよりも簡単な気がする。
あっちは、納品とかラベルあれこれ考えないといけないから。
(けど、売れないだろうけど。。)

結果としてこんな流れになった。
・基本情報(path, name, code, sub-code, price, headline, explanation, delivery, keep-stock)あたりはシステムからCSVの出力、アップロードで登録。
ただ、sub-codeを入れるためには、options、product-category、spec1~5が必須。
specはすべて空欄でOK。optionsはわかりにくい。”カラー 赤 青”みたいな感じで行けた。
・画像はシステムからzipでダウンロードしてアップ。
ただし、ヤフオクから移行だと、カラーバリエーション等がある場合、全色乗った画像をメインにする必要があるな。
・在庫の反映はAPI。これもとても簡単。やはりオークションとは違って、即座に反映できるし、リアルタイム反映も簡単に実装できる。
・最後にストアクリエイターから微調整。この微調整を逆にシステムに反映させるのもAPIで実装できそう。
・注文部分は不明。というか注文が入ってから作る。

やはりネットショップというだけあって、慣れてしまえばかなり構築も運営も楽そうだ。
ただ、画像や商品説明あたりを作り直しになるのは必須。
次の大連入りまでに、細かい調整も終わらせて引き継げたらいいな。

ノート

子どものノートが置いてあったので、見たらちと笑った。
なんでも宇宙ノートとか書いてる。

時々、コスミックフロントとか横で見ているけど、ブラックホールとか赤色巨星とか多少は理解しているんかなこれはw