カテゴリー別アーカイブ: ブログ(深セン)

ドローン買ってみた。

気になってしまって買ってしまった。

ひとまずのエントリーモデルということで、安めのやつ。
ただ、大きさが大きいほうが安定しそうなので、全長41cmにした。
バッテリー容量も大きめ。
撮影には使うつもりはないので、必要十分そうな500万画素。
リモコン&FPV対応。
思ったより軽い。ハカリがほしい。

VRゴーグルがついてるセットだったけど、ゴーグルは汎用品。

レンズがそれぞれ前後左右に調整できるので、もしかしたらいいかも!と思ったけど、ダメダメだった。
そもそもスマホの設置が面倒すぎる。逆に小米のゴーグルがいかによく出来ているか実感した。
ゴーグルつけて操縦してみたけど、狭いところだといろいろぶつかってダメだ。

室内での飛行のみだけど、最初わりとフラフラしていた。
小米のドローンは外でもピタッと静止していた気がしたけど。
センサーとか違うのかな?
微調整して静止するようになった。

このサイズでは、かなり大きめのバッテリーだと思う。
メーカー曰く25分可動ってなっているけど、もっと短い気もする。
それか楽しくて時間が経つのが速いのか。
外で飛ばしていいのかな?

ミリシタTwitterトレンド1位ニコ生

最近楽しみにしてたやつ。
なかなかに満足。つぎのイベントは走るか悩み中。
走るなら課金しないと行けなそう。。
twitter連動プレゼント企画は今後も増えそうな予感。というか、ミリシタがtwitterにハマりすぎなのか。。

小天才

子供の友達が忘れてったやつ。
なんか画面が綺麗だなぁと思ったら、AMOLEDだった。
4Gだし、制限とって筐体変えたら大人でも満足しそうなレベル。
音楽は「网易云音乐」が採用されていた。へー。

Macbookは中国で買ったほうがいいこともあるかも

Macbook Air 13がようやくモデルチェンジをしたようで、ちょっと考察。
昔は、macbook 12のデザインで13が出たら買おうと思っていたけど、12のファン無しの気楽さを考えると悩む。

一つじゃなくて2つ付いてるじゃん!(うらやましい)と言いたいところだけど。。
2018の発売直前にAir買ってしまった人はかわいそう。そのくらいの進化。

Macbook Air 2018個人的な考察

メリット

・液晶が13で広い。持ち運びも十分なサイズ。
・USB type-cが2口(これは大きい)
・速い。
・値段的には、macbook 12とほぼ同じ。

デメリット
・ファンがある。
・ちょっと重い。

メリットの速いについては、Geekbenchマルチコアのスコアで
MacBook Air (Late 2018) Intel Core i5-8210Y @ 1.6 GHz」:7408
MacBook (Mid 2017) Intel Core m3-7Y32 @ 1.2 GHz」:6654
となっていて、この差は体感できないレベルと思う。
むしろ超低電力+ファンレスのMacbook 12の方が頑張っている気もする。
ちなみに今使っている「MacBook (Early 2015) Intel Core M-5Y31 @ 1.1 GHz」のスコアは4436なので、1.5倍くらい早くなるということか。

価格

アップルストア@日本

日本で買うと、145,584円。税抜きだと134,800円。
ただし、SSDは128G。もうAppleなんだし128Gとかやめたらいいのに。

タオバオ@中国

9500元。約152,000円。高い。
昔に比べたらだいぶ安くなったけど。。

Macbook 12 2017

今使っている2015に比べ、CPUは1.5倍ほど早くなっている。あとはGPUの改善、SSDのスピードは約4倍。
見た目はまったく変わらない。イヤホンジャックのかわりにtype-cを付けたらいいのに。type-c接続のイヤホンとかすでにあるし、これから増えそう。
そもそもiPhoneとかだいぶ前にイヤホンジャック無くしたのにな。

アップルストア@日本

日本で買うと、154K。税抜きでも142K。

タオバオ@中国

6600元。約106K。安い!!!

考察

今まで自分のPCを中国で買うなんて考えてなかったけど、これはありかも。
アップルの場合基本定価販売なので、発売時は日本の方が安いものの、時間が経てば中国市場の価格の方が安くなっていくんだと思う。
1年間は中国のショップの方が補償もしっかりしてそう。
アップル製品は発売直後は日本。発売から時間がたったものは中国で買ったほうが良さそう。

スケボー買ってみた

ロングタイプのやつ。80cmなのでセミロング?

わりとオシャレ。

昔は普通にスケボーできたけど、今やろうとすると怖い。チクタクすら無理。
ちょっとした運動にいいかと思ったけど、コケたら1週間は動けなくなりそう。。
子供に教えたら、一応乗っかって進めるけど、こんなもんだっけな。

30W PD+QC3.0対応モバイルバッテリー買ってみた

前回から間もなくだけど、macbookの電源0状態でも使えるように30Wモバイルバッテリーを新調。

左:30Wモバイルバッテリー 右:18Wモバイルバッテリー
同じ10,000mAhだけど、少し小さく薄くなっていて、ほんの少し軽いきもする。(秤がないのでわからん。)
表面は金属だけど、サイド部分と裏面はプラスチックなので傷なんかはやや安心。

見にくいけど、5~20V Max 30Wとの表記。

手元のPD充電器で充電。 12.1V 2.44A ほぼ30W。
見たこと無い数値が出てきた。

Macbook純正30W充電器。 14.7V 2.1A 30Wちょいオーバー。
充電器のパワーがフルに出ている。
単純計算5V2Aの急速充電よりさらに3倍出ているってことか。

急速充電中は、充電も放電も緑のランプが点灯するのは少しうれしい。
これはもう満足。このサイズ(小容量)でこれを超える製品は当分現れないと思う。

Macbookの充電は家に据え置き状態で試してないので、今度追記予定。

バスケの試合

朝早すぎて行かなかったけど、もう対抗試合をやったみたい。

3 on 3形式を4人でやる形式。試合時間は10分。
結局4-1で負けてたけど、その1点を決めていた。(おめでとう)
小2レベルなのでお遊び程度だと思っていたら、動画を見る限りかなり本格的だった。
こんなことなら応援に行ってあげればよかった。次は行く。

Androidで内部音声付き画面録画

Weiboにもちょっとしたスクリーン録画をアップしたりすることがあって、内部音声を録画したいと思っていた。
Androidは現状では、スピーカーで出た音をマイクで拾うので、外の音もそのまま拾ってしまう。もちろん音質はかなり劣化。
iOSでも試したけど、録画解像度がretinaサイズから変更できなくファイルサイズが巨大すぎて長時間録画には向かない。

ちょっとググって出てきた方法に、スピーカーとマイク分岐ケーブルを使っていけたというのがあって、自分も買ってみた。

緑と赤の部分にケーブルを繋ぐも音が録音されない。
スピーカーから音がでないので、イヤホン部分は認識しているけどマイク部分が認識していないようだ。

マイクには、マイクが接続されているという情報を伝えるため抵抗が入っているという投稿を見た気がするけど、これが無いんだと思う。
マイク付きイヤホンを分解して直結しようかと思ったけど、抵抗前ならともかく抵抗後に直結はたぶん不可能。

PCにミラーリングして録画というのもあったけど、たかがスクリーン録画にそこまでしたくないし、PCのCPUパワーが足りてないのでリアルタイムmp4圧縮はコマ落ちが発生してしまう。

Mobizenでできるぞ(Samsung端末のみ)

半分あきらめかけていると、Samsung端末限定だけどMobizenというアプリで行けそう。
最初からこれを見つければよかった。

サウンド録画に内部サウンドがある。
録画中に音がでなくなるけど、(ほぼ?)音の劣化無しで録画できた。
ボリュームはしぼっていてもきちんと録画されている。
そのうちHuaweiあたりに乗り換えようと思っていたけど、このアプリのおかげでGalaxyから離れられなくなってしまうかも。

网易云音乐とても良い

中国国内ではQQ音楽を今まで使っていたけど、権利が無くて再生できないみたいなのが多くなってきて「网易云音乐HD」というのを入れてみた。
Bilibiliに続いて、中国アカウントでapple storeにログインするのは2回目。

アプリ自体は、無料ランキングで6位。
iPadのランキングなので、iPhone向けとは少し違っていると思う。
1位はiQiyi。youkuよりもこっちが上かぁ。たしかに自分もiQiyiの方が広告短いし見たいのがあることが多い。
画面では出ていないけど、8位にTiktok(中国版)。9位にBilibili。10位にweixin。そして15位にQQ音楽。
もともとこっちの方がQQよりメジャーだったのか!
iPadの特性上、動画アプリが上位に来ているとは思う。

有料枠のDuet Displayが7位というのもすごい。最近使ってないけど、こんなに利用者いるんかな。

オススメ欄は、だいぶ偏ってきている。
有料の曲は8元で1ヶ月300曲までDLできるけど、その後も再生できるのだろうか?(再生は無料)
お気に入りにまとめて入れてからDLしてみるつもり。
QQ音楽では、有料会員を解除するとDLした曲の再生もできなくなってしまった。
とても良いアプリ。オススメ。

プロデューサー名刺作ってみた

アイマス関係ではわりとみんな作っているみたい。
日本だと、安いところで200枚1000円くらい。7日で到着。
中国だと、200枚15元(270円くらい?)。2日で到着。

タオバオで注文だけど、今回は失敗した。
昔良くあった、おそらくインクをケチっているパターン。
カラープリンター無いし、元データが悪い可能性もあるけど。
あと、インクの質なのか裏写りも微妙にしている。
センターもずれているし、位置が微妙に変わっている。。
トンボを付けたのに、トンボ無視して作られてしまったみたいだ。

まあ、お遊びだし配る人もいるわけでも無いしこんなもんでいいか。

UO33 羽田-香港便

香港エクスプレス、羽田発の深夜便
出発前に調べたら二子玉川から羽田のバスは最終8時だった。
スーツケースがあるので、8時に乗る。

はじっこの方のラウンジ。
ここの方が広くていいな。

機内へ。
搭乗率はほぼ100%。

香港到着。
オクトパスの残高が殆ど無かった。

早朝でもエクスチェンジは空いているところがあった。

オクトパスのチャージする機械が可動していない。(深夜早朝は機械を止めているみたい。)
セブンイレブンでチャージ。

ラウンジで食事。早朝だけど食事はやっていた。

A43の始発は7時になっていた。
A41に乗り込む。沙田行き。

沙田到着。ここからローフーまで電車。

ローフーのタクシー乗り場。
待ち人数0。
この灰皿に禁煙マークついてるけど、どういうこっちゃ。

Amazon echoのスピーカーに交換してみた。

深センに戻ったら、注文していたAmazon echo用のスピーカーと、なんの機種かわからんパッシブラジエーターが届いていた。

説明を見る限りピッタリサイズ。
さっそく取り付け。

何度も交換できるように、コネクターを噛ませてみる。

完全密封のために、シリコンも用意したけど、スピーカーにスポンジっぽいのがついているのでなくても密封されていた。

完成。ホントピッタリサイズ。
なんか少しカッコいい。
ただし、またまた高音寄りになってしまった。

Amazon echoには高音用と低音用のスピーカーが1つづつついているらしく、今回買ったのは高音用だったのかも。
店の説明は、8Ω10Wだったけど、もともとの4Ω5Wと音量などまったく変わらない。体感音量大きくなった気もする。

パッシブラジエーター交換

後ろから押し込むだけで、もとのパッシブラジエーターはあっさり外れた。
それでもたぶん密封はされていたと思うので、加工精度がそこそこ高いんだろうと思う。

仮組み。テープべたべた仕様。
なんか、若干良い気もするけど、なんだろ。これはアンプ側の性能が悪いんだなきっと。
JBLからスピーカーのコード延長して試してみたいけど、面倒だ。

結論

JBL含め、メーカーはしっかり作っているようだ。(アタリマエ)
ということがわかって、良かった。
youtubeなんかでは、基盤買ってきてアンプ部分も交換してたりする動画があったけど、電源ボタンとかかっこ悪いしそこまでするつもりも無い。ので、スピーカーいじりは当分終了。

双12

またひどいことになっている。おそらく双12(12/12)の影響。

ミリシタ

Pretty dreamer実装後、かなりあっさりDreamingが実装された。
歌い分け対応の本気仕様。
もしかしたら12日にやったニコ生で、発表があったんだと思う。
見れてないので、次の機内用にDL済み。

個人的には、こんな配置がDreamingのイメージ。

Amazfit Vergeウォッチフェイス作ってみた。その1

デフォルト入ってるのがクオリティも高く満足しているんだけど、どうしてもセカンドタイム(日本時間と中国時間)に対応したい。
話中のときに、待ち合わせ時間など日中同時に見れるのはPaceの時とても便利だった。
方法としては以前Paceで作ったように、短針を-30度回転(時差-1h)。
というわけで作ってみた。

https://amazfitwatchfaces.com/
こちらのサイトからベースとなるものをダウンロードして切り貼り。

必要なもの
・デジタル時計(日本時間用)
・アナログ時計(中国時間用)
・日付
・曜日
・バッテリー残量

あると嬉しいもの
・歩数計
・気温(外出たら寒!とか回避)

で、出来上がったもの。通常時。

Always on display時。

大満足!とまでいかないけど、許せるレベル。
wfzファイルの場合、バッテリーなどのパーツのデザインの選択が少なく、それらを使ってうまく配置しなくてはならない。
あとは中国語版はどうしても曜日表示が中国語になってしまう。

個人的なポイントは
・AMOLEDはかなりキレイなので、特に暗めのグレーを多用したい。暗めにすると、焼付き防止にもなるしバッテリーライフにも貢献する。
・針は、内側が開いてるものにすることで、下の情報が見やすい。
・基本真っ黒のシンプルにすると、どうしてもいいものが出来なかったので、無駄なもの(AM PM)などを背景に埋め込み
・時計のフォントは好きじゃないけど、そのままにしてしまった。

もし、興味ある人がいるかもしれないので、ファイルも置いておく。

勝手に編集してもらって構いません。(というか、ネットにあるものを勝手に編集してるし。。)
ただし、短針が-30℃されてるので、.zipに直して解凍→画像ファイル編集→zipに圧縮して.wfzに戻す必要あり。
今は満足なので、タイトルにその1にしたけどその2は無いかも。

モバイルバッテリー

なんと、lightningから充電可能なものがあったので買ってみた。
USB type-c(IN OUT), USB type-A(OUT), mini USB(IN), lighning(IN)に対応。
もちろんQC3.0対応。lightningは急速充電は対応しない。5V2Aまで。

同じ10,000mAhと比べてさらに小さくなっている。
急速充電時はインジケーターが緑になるのはちょっとうれしい。

しかし!
モバイルバッテリーを充電するのに、どうしても5V以上電圧が上がらない。
一度お店に相談して、交換してもらうことになった。
ネットで買うと、履歴も残るし、店にすぐ連絡とれるし、店行かなくていいし便利。

チャリ完成

ブレーキホースも届いて完成。
フレームとペダル、チェーン以外はすべてパーツ交換されている。
パーツは単品で買っていくと、だいたい純正より良い。(剛性が良かったり、精度が良かったり。)

次は買い替えだな。

Simejiの音声入力最高!

半分以上が中国にいることもあって、Androidでの日本語入力は諦めかけていたけどSimejiを使ってみたらとても良かった。

たしかPalmのころにあった気がするけど、なんでも百度が買収して百度の音声認識が乗っているみたい。GoogleとかAppleはさておき良くここまで認識するものだ。
ユーザー(特に若者たち)によっては、むしろSimejiの方を好んで使っているみたい。

もっと込み入ったり、無理かなとおもう文章でもかなりの精度で入力できてしまう。「外に」が2回入っているのは実際2回しゃべった。
しかも、さらに良いのがその場で中国語や英語に翻訳もできる。
これもホント便利。
PCでも音声入力したいと思って少し探したけど、なかなかないな。
できたらAndroidをマイクにしてテキストだけ転送したいけど、どれもスピードがいまいちだった。

メッセージカード届いた

届いたのは日本。写メってもらった。

なかなかエコっぽくて、いい感じ。
早く無くならないかな。

WordPress 5.0

なんかバージョンアップされた。
エディタの使い方がだいぶ変わってよくわからないぞ。
すぐ慣れるだろうけど。
中国だからというのもあると思うけど、カテゴリのリストがなかなか表示されない。。
タグのリストはまったく表示されないのだが、、

そして今知ったのは、htmlのPタグは、(たぶん)paragraphのpだったのか!